2018年3月25日日曜日

4月の展示会 4月6日(水)~4月11日(金)

【第1展示室】長谷川貞信画塾 第41回萌黄会日本画展 (日本画)

今年は寒さ厳しく大雪の便もとどき大変な年の始まりです。
今年もまたくずはアートギャラリーで作品展を開催させていただけること、とても嬉しく思っております。ここ数年神話からヒントを得た作品を描かせてもらっています。今回は「因幡の白兎」を。
サメをだました白兎が仕返しに毛をはがれ、海水で洗えば治るとだまされ苦しんでいる所に通り合わせた大国主命(おおくにぬしのみこと)が、がまの穂から弾けて出てくるわた毛の様な物で兎の体を包み、元の毛並にもどし助けるというお話です。後に兎が御恩返しをしたそうです。
まだまだいろんな神話があります。次の作品何を描こうか楽しみにしています。
教室の皆さんの一年頑張った作品、どうか御来場、御批評いただけます様お待ち申し上げます。
五世 長谷川貞信


【第2展示室】杉野真佐代 染織展 (織)

いくつものグループ展を経験しましたが、個展を開くのは初めてのことです。
昔日本では、機織りをする事は生活の一部でした。
今では織物をしているところを、見たこともない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回出品する作品は、二重織りという技法を使って織った額装とタペストリーを
中心としたものです。二重に織ったからこそ現れる複雑な色の変化を、見ていただきたいと思います。



[期間] 4月6日(金)~4月11日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料