2018年1月12日金曜日

【全室】たけうちちひろ 切り絵の世界

本日より第1・第2展示室にて、「たけうちちひろ 切り絵の世界」を開催しています。

たけうちちひろさんは枚方市在住の切り絵作家で、枚方市PR大使、こども造形教室おえかきひろばの代表も務めていらっしゃいます。
本展では、2015年・2016年にイタリア・ボローニャ国際絵本原画展で入賞した作品に加え、枚方市市制施行70周年に制作された記念切手の原画など、これまでのたけうちさんの展示としては最大級の作品点数をご覧いただけます。

まず、初めに展示されているのは絵本「ぼくのつくりかた」の原画。
小さなロボットがいろいろな材料を機械に入れると、ヘビやライオン、キリン…
いろんな生き物ができあがる不思議な工場がとても精密な切り絵で描かれています。
たけうちさんが切り絵を始められたのは7、8年ほど前。
それまでデザイン・編集の仕事をされていた関係もあり、デジタルで制作をされることが多かったのですが、「こども造形教室おえかきひろば」で教えている中で、もういちどアナログな手法での作品づくりをしてみようと思われたのがきっかけとのこと。

絵本については「子供のころ絵本が好きでたくさん読んでいましたが、絵本作家を目標にしていたわけではないんです。切り絵については、本という形をとっていますが1枚絵として完結できる、ストーリーが浮かぶようなものをと考えています。以前デザインをしていた影響もあるかもしれないですね」と話されていました。
また、モチーフとしてロボットや機械などがよく登場することやシャープな画風から、男性作家と間違われることも少なくないそうで、個展会場で驚かれることもあるとか。




今回、会場では切り絵作品のほかに顔出しパネルの撮影コーナーがあります。
本日来館された伏見隆市長にも、たけうちさんとともにポーズをしていただきました。
とってもインスタ映えしそうです!皆様も記念に参加してくださいね。

そのほか関連企画として、くずはモール本館・ミドリノモール3階の水嶋書房では
「たけうちちひろフェア」がひらかれており、絵本や切り絵セット、ステッカーなどのグッズが販売されています。
こちらのフェアでお買い上げいただいた方には13日・14日のたけうちさん在廊時にサインをいたしますので
(※イベント開催時はのぞく)、ぜひチェックしてみてください。
皆様のお越しをお待ちしています。

たけうちちひろさんホームページ:https://www.chihirotakeuchi.com/
こども造形絵画教室 おえかきひろばホームページ:http://oekaki-hiroba.com/oekaki/index.html



[期間] 1月12日(金)~1月17日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※1月17日(水)は18:00終了
[入場料] 無料