2017年8月12日土曜日

【全室】枚方市・上海市長寧区友好都市提携30周年記念 上海市長寧区児童書画展(絵画・書)

昨日より第1・第2展示室にて「枚方市・上海市長寧区友好都市提携30周年記念 上海市長寧区児童書画展」
を開催しております。
















枚方市と上海市長寧区は、1980年に大阪府と上海市が友好都市提携をされたことが
きっかけに交流が始まりました。教育分野を中心に、文化・スポーツなどの交流を深め、
枚方市の市制施行40周年にあたる1987年に友好都市提携を行いました。

「上海市長寧区児童書画展」は枚方市と上海長寧区が友好都市提携を行った翌年の1988年より、
中央図書館ロビーなどで毎年開催されており、市内6学校園にて巡回展示もされたそうです。
今回は7歳から18歳の児童による絵画と書の作品が出展されており、ご覧になった方からは
「こんなちいさい子がとても立派な字を書いていて、感心しました」と、早くもご好評をいただきました。


















本日8月12日、会場内にて午後2時より中国伝統弦楽器二胡奏者・沈 佳(シェン ジャ)氏による
二胡演奏会も開かれます。
予約不要ですので、どうぞお誘い合わせの上お越しください。


[期間] 8月11日(金)~8月23日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※8月17日(木)休館、8月23日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2017年8月5日土曜日

くずはアートギャラリー空き室状況 8月4日更新

くずはアートギャラリー空き室状況のお知らせです。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成29年11月24日(金)から平成30年8月29日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回は、平成29年9月1日(金) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成30年8月31日(金)~9月26日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2017年8月4日金曜日

【第2展示室】ひらかた夢工房サテライト発表会(木工・タペストリー)

ただいま第2展示室では「ひらかた夢工房サテライト発表会」を開催しております。
















「ひらかた夢工房」は枚方市・穂谷川清掃工場に隣接した施設で、
市民ボランティアによる6つのグループがゴミ・不用品の再利用・再生利用などの活動を行っています。
今回はその中から、衣類のリフォーム「彩~いろどり~」、木工のリサイクル「きつつき木工」、
自助具の製作「枚方自助具工房」の3グループが作品を展示されています。








作品の材料はいずれも不用品として市や、市民の方から譲り受けたもの。
それぞれのグループ内でそれらをどう使おうか、どうすればもっと良くなるかと話し合いながら
ものづくりにはげんでいるそうです。
一人ではおっくうになるような作業も仲間といっしょに進めることで、
楽しみながら続けていけるとボランティアスタッフの方にお話しいただきました。
どれも丁寧に仕上げがされていて、実際に使う方への気遣いが感じられます。
また、各グループで制作された作品は工房フェアや、市のイベントなどで販売もされているそうで、
とても人気があるとか。開催日は公報や枚方市ホームページ、各団体のホームページで
発表されるそうなので、関心のある方は出かけてみてはいかがでしょうか。

皆様のお越しをお待ちしております。

枚方市ホームページ・ひらかた夢工房リンク:https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000003070.html



[期間] 8月4日(金)~8月9日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※8月9日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】枚方市市制施行70周年記念協賛事業 西陣美術織 国宝の仏像回廊展  糸から尊延寺・木造軍荼利明王像が現れるとき / 西陣美術織工房(西陣美術織)

ただいま第1展示室では「枚方市市制施行70周年記念協賛事業 西陣美術織 国宝の仏像回廊展 
糸から尊延寺・木造軍荼利明王像が現れるとき 」を開催しています。
平成288月に枚方市・尊延寺の「木造軍荼利明王立像」と「木造降三世明王立像」の2体が枚方市内で初めて仏像として国の重要文化財に指定されたことを記念して、西陣職人の繊細な技術で2体の姿が西陣織の作品となりました。
尊延寺に奉納されている明王の作品を、これまでに制作した仏像をモチーフに織り上げた作品とともに、展示されています。
今年は枚方市市制施行70周年であることと、西陣という呼称が使われるようになって550年というタイミングでもあります。
展示室に入ると西陣織となった「木造軍荼利明王立像」と「木造降三世明王立像」が出迎えます。
まるで写真のように見えますが、会場内にあるルーペを使ってその繊細さをご覧いただくことが出来ます。


スタッフの方に仏像を西陣織にされることになった経緯をお聞きしたところ、奉納されるお寺などに出向いて西陣織の作品にしたいとお願いされるそうです。
快く許可していただき、カメラマンにより様々な角度から撮影をして細かいデータを採り、デジタル技術で影の角度などを計算するという下準備をされてから職人の方により織り上げられます。
ここ15年程のデジタル技術の進歩により、こうした作品づくりが可能になったとのことですが、デジタル技術を駆使するにも繊細な手作業があってこそということがわかり、職人の方々の凄さを思い知らされます。
今後も重要文化財を西陣織の作品として制作される予定だそうです。

是非お誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 8月4日(金)~8月9日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※8月9日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2017年8月2日水曜日

くずはアートギャラリー空き室状況のお知らせ 

くずはアートギャラリー空き室状況のお知らせです。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成29年11月24日(金)から平成30年8月29日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回は、平成29年9月1日(金) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成30年8月31日(金)~9月26日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

【Kagi vol,139 2017.8】 情報誌「kagi」8月号配布中です

情報誌「Kagi」の最新版、8月号がただいま配布中です。
平成29年9月の展示会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。

(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール駅側入口などにござますので、ぜひご覧ください。