2017年4月28日金曜日

【第1展示室】第二回はちにん展/奥西三枝子 (クレイアート・押絵・ちりめん細工・水彩、その他)

ただいま第1展示室では「第二回はちにん展」を開催しています。



















平成24年に開催して以来、くずはアートギャラリーでは2回目の展示会になります。
はちにん会は、もともと同じ先生にちりめん細工を習っていたお仲間で、
前回とはメンバーは入れ替わっているものの、出品されている方は8人で「はちにん展」ということです。
出品作品はちりめん細工を使った日本人形やひな人形、人形の着物、和の小物を中心に、
クレイアートや水彩画と盛りだくさんです。
































吊り下げられている飾りがとても気になったので、会の方にお伺いしたところ、
子どもが誕生した時にお祝いとして贈る「わさげ」といわれるものだそう。
ひょうたんやうさぎ、米俵などさまざまなモチーフを近所の人や知り合いで作り、
つなげて仕上げるそうで、地方によって呼び方も変わるということです。





























ちりめん細工は、江戸時代からの伝統手芸。
ちりめんという絹織物のはぎれを使って小物や人形・玩具などが作られ、ものを大切にする心やお裁縫の上達にもなり、日本女性としての教養のひとつにもなっていたようです。

ご来場の方々からは、「かわいい」「なつかしい」などのお声が聞かれ、会のみなさんが和気あいあいと楽しくおしゃべりしながら針仕事をされている様子が作品から感じられます。
1つ1つがとても丁寧に作られていて、古民家でお茶を頂いているようなほっこりした気分になる作品展です。

ぜひみなさまお誘い合わせのうえお越しください。


[期間] 4月28日(金)~5月3日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月3日(水)は18:00終了
[入場料] 無料