2016年4月30日土曜日

【KAGI vol,124 2016.5】情報誌「kagi」5月号発行しました

情報紙「KAGI」の最新版、5月号がただいま配布中です。
6月からの展覧会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。

(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール正面入口などにござますので、ぜひご覧ください。





2016年4月29日金曜日

【全室】日曜画家協会 第39回会員作品展

ただいま第1・第2展示室では「日曜画家協会 第39回会員作品展」を開催しております。
くずはアートギャラリーでの展示は、3回目になります。

















62年の歴史ある日曜画家協会は現在会員数162名。
今回くずはアートギャラリーでは、その中から89名、油彩・水彩で描かれた89作品がズラリと並び、
1人1人のさまざまな表現をじっくりと鑑賞できる見ごたえたっぷりの展示です。

































協会では写生会を月3回開催されているということで、もういろんなところに行かれているはず。
どんなふうに場所を決めているのかお伺いしたところ、会員の方のお住まいの周辺だったり、
他の画会の方と情報交換したりと、やはり口コミを活用されているとのこと。
そして、必ず会員の上級者が専任のアドバイザーとしてサポートして下さるので、
「描いてみたいけどどこから始めていいのかわからない・・」という全くの初心者でも安心して参加できるそうです。


















秋には、京都市美術館別館で「第63回日曜画家展」が予定されており、
一般の方も出品できる公募形式になっています。
優秀作品には賞も設けられているので、会心の作を応募してみてはいかがでしょうか?

詳しくは
日曜絵画協会ホームページ:http://www.bekkoame.ne.jp/ha/nichiga/

ぜひみなさまお誘い合わせのうえ、くずはアートギャラリーにお越し下さい。 

[期間]4月29日(金)~5月4日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※5月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

くずはアートギャラリー空き室情報 4月28日更新

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しました。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成28年7月8日(金)から平成29年4月26日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回は、平成28年5月1日() 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成29年4月28日(金)~平成29年5月31日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2016年4月24日日曜日

5月の展示会一覧

5月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。

・全室  日曜画家協会 第39回会員作品展 (油彩・水彩・日本画)
 
・第1展示室  kag美術図書館~図書閲覧コーナー拡大版VOL.10
  
・全室  佐藤絵画教室合同展 (油彩・水彩)
※期間中イベント (参加費無料)
 515() 午後3時~ 二胡&ギタ―アンサンブル演奏会

・第1展示室  きままなネコたち ガッテリ―べレ展 (銅板画)
・第2展示室  第11回忍展(油彩・水彩)
  
・第1展示室  シャドウボックス教室作品展/手づくりクラフトHeart in Hands(シャドウボックス)
・第2展示室  中西敏貴写真展 ORDINARY(写真)

ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

5月の展示会 5月27日(金)~6月1日(水)

【第1展示室】シャドウボックス教室作品展/手づくりクラフトHeart in Hands
(シャドウボックス)

















シャドウボックス教室作品展を開催いたします。
前回より3年半…相変わらず、おしゃべりを楽しみながら、思い思いの題材に取り組んでまいりました。
5月、明るい「花」をテーマにした作品が多く集まりました。
自宅の部屋に飾られた手づくりの「花々」はとても心を癒してくれます。
今回は身近な生活の中に置かれた作品をご覧いただき、ほっこりした気持ちになっていただければ、
と願っております。お楽しみいただけると幸いです。


【第2展示室】中西敏貴写真展 ORDINARY(写真)















風景写真の聖地とも称される絶景の里、北海道美瑛町。
憧れだった土地に移住し、来る日も来る日も、日の出前に起き、雨の日も風の日も撮影に出かける日々の中から、
四季折々に多彩な表情を見せる丘の風景を卓越した造形感覚と繊細な光の捉え方で表現した、
これまでにない美瑛の写真美に出合える写真展です。

■中西敏貴さんによるトークイベント開催。写真展ORINARYのコンセプトや作品についてお話いただきます。
日時:5月28日(土)、5月29日(日) 各日14:00~
会場:くずはアートギャラリー第2展示室
※予約・参加費は不要です。


[期間] 5月27日(金)~6月1日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※6月1日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

5月の展示会 5月20日(金)~5月25日(水)

【第1展示室】きままなネコたち ガッテリ―べレ展 (銅板画)















はじめまして!ガッテリ―べレです。(イタリア語で自由なネコたちという意味の銅版画グループ)
私たちの展覧会は毎年京都でしたが、今回はじめて(^_^)くずはアートギャラリーでの開催です。
版画、水彩、パステル、油絵など様々な作品が並ぶ予定となっています。
自由な作品作りを目指す仲間たちの色や線や形から何かを感じていただけたらしあわせです。


【第2展示室】第11回忍展(油彩・水彩)















初夏の風を背に、今回くずはアートギャラリーにて開催出来る喜びを実感して居ます。
3回の滝山忍先生の指導の元で日々研鑽し描いた作品ばかりです。
是非とも、私達一同の作品をお友達やご家族でお立ち寄りくださいます様、一同お待ち致して居ります。
忍会一同



[期間] 5月20日(金)~5月25日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月25日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

5月の展示会 5月13日(金)~5月18日(水)

【全室】第5回 佐藤絵画教室合同展 (油彩・水彩)

















発足7年目を迎える佐藤絵画教室は現在、関西一円に5教室あり、多くの方々が学ばれています。
主として中高年世代の方を対象に、初心者にも分かり易いように、基本からプロの表現法までを
カリキュラムで指導しています。
教室では合評や講評を大切にして互いに切磋琢磨することを旨とすると共に、年2回の野外スケッチ、
1回の合同展示会と懇親会で、学んだ成果を発表し交流を深めていただきます。
秋には公募展に挑戦をして更なるレベルアップを図る機会としています。
今回は60点ほどの作品を展示する予定ですが、作品は多種多様なうえ、制作の説明を添付して
楽しめるようにしています。
また、会期半ばには会場で二胡の演奏会を企画し、昨年に続き絵と音楽で癒される展示にしたいと考えています。
春のひと時に是非、会場に足を運んでいただきますよう会員一同、心よりお待ちいたしております。

※会期中イベントあり
■二胡&ギタ―アンサンブル演奏会
日時:515() 1500開演予定
会場:ギャラリー内
参加費:無料


[期間] 5月13日(金)~5月18日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

5月の展示会 5月6日(金)~5月11日(水)

【第1展示室】kag美術図書館~図書閲覧コーナー拡大版VOL.10
















いつもはロビーソファー横に図書閲覧コーナーがあるのですが、スペースに限りがあるため、
数冊程度しかご覧いただけませんでした。
今回はスペースを拡大して、普段は出せないような大型図書(図録)などをゆったり見られるようにしています。
普段、見られない図書を是非、ご覧ください。


[期間] 5月6日(金)~5月11日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

5月の展示会 4月29日(金)~5月4日(水)

【全室】日曜画家協会 第39回会員作品展 (油彩・水彩・日本画)
「休日の河川敷」

「休日の午後」


































日曜画家協会の100人近くの絵を展示します。多彩な絵をお楽しみください。
3回写生会を楽しむアマチュア団体で、日帰りバスや一泊写生会、人物教室など多岐にわたる活動をしています。
これらは全て自主運営で、利潤を追求しないリーズナブルな会費に反映しています。
昨秋、京都市美術館で主催した第62回日曜画家展は出品584点、入場者2026人でした。
「歩いて見て描いて」和気あいあいの写生会のあとは合評、12月は忘年会、
3月総会後も歌やゲームで懇親会をします。
大阪を中心に160人の会員がいます。仲間と巡り合い、絵のある人生を満喫しています。
会員以外も写生会に参加できる制度など、HP「日曜画家協会」をご覧ください。

※日曜画家協会HP http://www.bekkoame.ne.jp/ha/nichiga/

[期間] 4月29日(金)~5月4日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※5月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2016年4月22日金曜日

【全室】秀葉乃書&教室展~絆~ご縁に感謝でござる~

ただいま第1・第2展示室では「秀葉乃書&教室展~絆~ご縁に感謝でござる~」を開催しています。

小滝秀葉(こたきしゅうよう)先生と秀葉書道教室のみなさまの展示会は、くずはアートギャラリーでは今回6回目、そして、秀葉先生は7回目となります。

まず、会場に入ると「氣魄」の文字が迫力満点に迎えてくれます。
秀葉先生と他の作家とのコラボ作品、
そして、自由でのびのびしたつい笑みがこぼれてしまう楽しいこどもたちの作品コーナーもあります。























































今回の展覧会のテーマは「絆」。
教室のみなさま、それぞれの感性で「きずなといえば・・・」をイメージ豊かに「筆」で表現されています。

































書道というわくにとらわれない自由な発想で、お一人お一人がイキイキ楽しまれていることが直に感じられる作品の数々に 元気をもらえそうな展示会です。
































期間中、スペシャルコラボイベントも開催します。

423() 午後2時~箏奏者 渡部 志津子
424() 午前11時~ 楽舞踊 踊屋本舗 響 
       午後2時~ フルート奏者 笛吹きムシカ

※秀葉先生も書道で参加します。


ぜひお誘い合わせのうえ、くずはアートギャラリーへお越しください。

[期間]4月22日(金)~4月27日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※4月27日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2016年4月21日木曜日

くずはアートギャラリー空き室情報 4月21日更新

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しました。

空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成28年6月17日(金)から平成29年4月26日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回は、平成28年5月1日() 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成29年4月28日(金)~平成29年5月31日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2016年4月15日金曜日

【全室】 湯田和子花浪漫展 & 押し花アート生徒展

ただいま第1・第2展示室では、「湯田和子 花浪漫展&押し花アート生徒展」を開催しています。
当ギャラリーでは5年振りの展示になります。
今回の展示を待ち望んでおられた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

会場には湯田和子先生の作品と生徒さん達の
押し花アートの作品がずらりと並んでいてとても華やかです。
緻密な作業を経て作られて展示されている作品を目の前にすると
押し花で作られているとわかってはいても
にわかには信じ難く、何度も見入ってしまいます。



ご来場のお客樣方も写真や絵画と思われるのか
「押し花の作品はどこにあるのですか?」と訊かれることも少なくありません。

湯田先生にお話を伺ったところ
作品を作る際には額の中を真空状態にするという特許を取っておられ、
額も特注だそうです。

こちらはみなさんの共同作品「家紋 花紋 Come on!」です。
体験会のコーナーもございますので
押し花アートの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

是非、ギャラリーにお越しいただき、
目の前でじっくりと作品をご覧下さい。

[期間] 4月15日(金)~4月20日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月20日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2016年4月8日金曜日

【第1展示室】 山本祐嗣水彩画展~第3章~

ただいま第1展示室では【山本祐嗣水彩画展~第3章~】を開催しています。

















くずはアートギャラリーでは3回目の個展になります。
日本に暮らす人ならどこかで目にしたことがある、少し懐かしさを感じるような自然の風景。
遠くから見ると一瞬写真?と思ってしまうような細密に描かれた水彩画の作品展です。



















山本さんは絵画の基礎を身に付けられたあと、より自分の表現に合う技法を模索するうちに
ふつうの水彩画とは少しちがう、独自の描き方を編み出されました。
写真をもとに、花の一輪一輪も河原の石も1つ1つ定規ではかって描いていくそうです。
40号ほどの絵はだいたい1ヵ月、絵の中の川の部分と花の部分を別々の写真から合成して
一枚の絵に描き上げた作品もあり、「威風堂々」という作品は3ヶ月かかるとのこと。


















今回はご近所の方に依頼されて描いた「猫」の作品もあります。ふわっとした毛並みときらりと光る瞳が
細かく表現されていて、こちらは4~5日で完成されたそうです。

















近々、水彩画教室も開かれる予定もあり、詳しくはHPをご覧下さい。

■京の水彩風景画家 山本祐嗣ホームページ http://www2.hp-ez.com/hp/suisaihuukei/top

是非お越し下さい!


[期間] 4月8日(金)~4月13日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月13日(水)は18:00終了
[入場料] 無料