2016年7月24日日曜日

8月の展示会 8月5日(金)~8月17日(水)

【全室】枚方市主催 「植村猛コレクション名品展-民藝運動ゆかりの作家を中心に-」












〈河合寛次郎〉


















〈富本憲吉〉



枚方市では昨年度に、楠葉在住の植村猛氏からいただいた寄附金を原資に、
市の美術施策を充実させるため「枚方市 植村猛アート基金」を創設しました。
今後、同氏からは200点を越える美術工芸品等の寄附を受ける予定であり、
今回は寄贈予定コレクションの中から59点を公開します。
植村氏が特に力を入れて収集してこられたのは、柳宗悦が「美の生活化」を目指した
「民藝(民衆的工芸)運動」ゆかりの作家たちです。
今回の展覧会では、日々の生活に根ざした美を追求した、濱田庄司・河井寛次郎・富本憲吉・
熊倉順吉、バーナード・リーチ・黒田辰秋等の作品の魅力に触れていただくことで、
市民文化の向上に寄与する考えです。
また、ヒューマニズムに支えられた香月泰男や浜田知明、詩情に満ちた三岸好太郎、
聖書シリーズで知られる荒木高子のほか、八木一夫や里見勝蔵等の作品も併せて鑑賞していただくことで、
長年、植村氏が収集に懸けてきた想いを感じ取っていただきたいと考えています。

※会期中イベント
ギャラリー・トーク「民藝運動の時代-その思想と活動をめぐって-」
出演:前﨑信也氏(京都女子大学准教授)、村田隆志氏(大阪国際大学准教授)
日時:8月6日(土)14:00~
会場:くずはアートギャラリー会場内
予約・参加費:不要


[期間] 8月5日(金)~8月17日(水)※8月11日(木)は休館
[開館時間]10:00から19:00まで ※8月17日(水)は18:00終了
[入場料] 無料