2015年10月30日金曜日

【全室】 趣味のはり絵 民芸紙画展/みどり会

ただいま「趣味のはり絵 民芸紙画展/みどり会」を開催しています。

「みどり会」は村城翠江先生がご指導されている、はり絵教室です。
当ギャラリーでは3年振りの展示になります。
一見、水彩画や水墨画のように見えます。
「写真ですか?」と聞かれることも多いそうですが、
よく見ると、それがはり絵だとは信じられない程に細かい作業が施されていることがわかります。
まず最初に風景などの写真を撮ったり、別の紙に下書きをしたものを参考に
全国から集められた数百種類の色の和紙を、ハサミなどは使わずに手でちぎって
洗濯のりで貼り付けされて作品が作られます。
細い線などは紙縒り( こより )を使って描かれます。
お話を伺いながら作品を見ていて、シンプルな工程でこれだけ繊細な作品が出来上がるのかと驚きました。
はり絵作りにまだ慣れていない人には制作の最初から最後まで村城先生がご指導され、
ベテランさんには思うように作ってもらいますが、全ての作品に村城先生ご自身が墨や絵の具で影などをつける
「筆入れ」という最終的な仕上げの作業をされて完成します。
約50年この方法を変えずに制作されているそうです。
作品をご覧になると、繊細でありながらも揺るがない力強さを感じていただけることでしょう。

また、今回は出展されている方々それぞれの故郷を題材にされた作品を集めた「ふるさとのコーナー」の展示もあります。
慣れ親しんだ土地への愛着がそうさせるのか、作品からはどこかリラックスした雰囲気が感じられます。
是非実物をご覧になって「はり絵」の魅力を感じてみて下さい。

[期間] 10月30日(金)~11月4日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2015年10月25日日曜日

11月の展示会一覧

11月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。


1030日(金)~114日(水)
・全室 趣味のはり絵 民芸紙画展/みどり会(はり絵)

・第1展示室  藤井範子素描展(水彩・日本画・ブロンズ)
・第2展示室  MOA美術館 枚方交野児童作品展2015(水彩・書)
 
・第1展示室  第13回 グループ・リズム作品展(油彩・水彩・パステル)
・第2展示室  大翔会 関西展(油彩・水彩・日本画)
 
・第1展示室  シャドーボックスメタモルフォーゼ 4教室合同展示会~立体絵の世界~(シャドーボックス)
・第2展示室  第21回 佛画と押絵展/仙寿会(佛画、押絵)

・全室 モラと刺繍展 / 織田喜美子ぐるーぷ(手芸)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

11月の展示会 11月27日(金)~12月2日(水)

・全室 モラと刺繍展 / 織田喜美子ぐるーぷ(手芸)
















「モラ」と云う言葉。 静かにしかし着実に拡がりをみせています。
モラとはパナマとコロンビアの先住民で、今はカリブ海のサンブラス諸島に住むクナ族の
民族衣装にほどこされている手芸とその手法のことです。
布を何枚か重ね上の布を切り抜き下の布の色を見せる逆アップリケの手法で模様を描きます。
その大胆な色づかいと自然や神話世界をシンボリックにとらえたデザインはアートとしての価値も高く、
一度目にしたら忘れられない魅力を持っています。
元々裸族だったクナ族、キリスト教が伝わるとともに衣服を着るようになったのがモラの始まりと考えられます。
ほぼ自給自足に近い日常生活を送っているクナ族、文字を持たないので色彩とデザインの感覚がこれ程までに磨かれたのかもしれません。
この展覧会はモラを中心に様々な手法による刺しゅうの作品を集めました。
世界各地の民族手芸のエッセンスを取り入れて自由な発想で作る喜びに溢れた作品です。
手芸が好きな人なら誰もが思う「美しいものをつくるのが、ただ楽しくて」と云う思い、
無心な手仕事で生み出されるアートでしょうか。


[期間] 11月27日(金)~12月2日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※12月2日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

11月の展示会 11月20日(金)~11月25日(水)

・第1展示室  シャドーボックスメタモルフォーゼ 4教室合同展示会
~立体絵の世界~(シャドーボックス)















シャドーボックス教室開設より13年が経ち、枚方、大阪、奈良の4教室合同での展示会を初めて開催いたします。
シャドーボックスの魅力を知っていただけるような作品を多数展示いたします。
今年4月フランス・パリで開催された「春の日本現代美術展」や東京国際フォーラムで開催された
シャドーボックス・イン・ジャパンに出展した大作も並びます。
平面から立体へと変化した細やかな手仕事の世界をどうぞご高覧くださいませ。


・第2展示室  第21回 佛画と押絵展 / 仙寿会(佛画、押絵)
















押絵は1700年前も昔、日本人が絹と紙を素材に作りました。
同じ技法を受け継ぎ乍ら、その時代の生活様式の中でいろいろと素材を変え乍ら表現して参りました。
それが出来たといふ事は素晴らしい事だと思います。この技術、後世に受けつがれます様、祈っています。
(仙寿会 茂久田仙園)


[期間] 11月20日(金)~11月25日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月25日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

11月の展示会 11月13日(金)~11月18日(水)

・第1展示室  第13回 グループ・リズム作品展(油彩・水彩・パステル)
















昨年に続き第13回グループ・リズム展を開催する事が出来、会員一同喜んでいます。
会員は30名程で油絵・水彩画を学び楽しんでいます。講師は独立協会会員の高橋雅史先生です。
風景画・人物画・静物画等色々な分野に挑戦し、様々な技法も学んでいます。
絵を描く事はなかなか思うようにならない事もありますが、完成した時の喜びは大きいです。
美しいものに接したり考えたりする事はとても楽しく、仲間と制作に励んでいます。


・第2展示室  大翔会 関西展(油彩・水彩・日本画)















当大翔会は教室を持たない絵画の同好会です。月一回の写生会も行なっておりますが、
主流は各自が自宅で描いた絵を集め、年2回の展覧会を催して活動しております。
枚方市在住の会員か多いため、結果として市民ギャラリーがメインの活動舞台となっております。
会の絵は写実的な作風が主流ですが、ジャンルはフリーです。
絵の種類も油絵・水彩・日本画と各人の個性を反映して多彩です。
教室系の展覧会とは違い、個性全開でバラエティーに富んでおります。
御来場いただき御批評下さい。また、グループに属さず絵を描いている方は当会にご参加ください。


[期間] 11月13日(金)~11月18日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

11月の展示会 11月6日(金)~11月11日(水)

・第1展示室  藤井範子素描展(水彩・日本画・ブロンズ)
















「藤井範子素描展」は、くずはアートギャラリーに於いて、2回目になります。
いつもは本画の日本画を描いておられますが、当ギャラリーでは、身近な素材の素描
(とは言っても繊密で繊細ですが)を出展していただきます。
緩やかな眼差しで描かれた作品で季節の移ろいを楽しんでいただきたいと思っております。
企画:小島泰子


・第2展示室  MOA美術館 枚方交野児童作品展2015(水彩・書)
















MOA美術館(公益財団法人:岡田茂吉美術文化財団)の創始者である岡田茂吉師は
「真善美」を理想社会構築の基盤とし、特に「美」の普及に意を注ぎ、美術・文化活動を奨励しました。
美術館活動の中で、特に日頃子どもたちが取り組んでいる創作活動を奨励することで
「生命を尊ぶ心」「心豊かな人間」形成を目的に、各地でボランティアによって運営され、
昨年の応募総数は45万点を超えるまでになりました。


[期間] 11月6日(金)~11月11日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


11月の展示会 10月30日(金)~11月4日(水)

・全室 趣味のはり絵 民芸紙画展/みどり会(はり絵)















古代より多くの日本人に愛されてきた和紙のとりこになり五十数年を歩いて参りました。
私達のはり絵は、和紙の特性と色彩を生かし指先にて作品を製作いたします。
此の度は「ふる里」をテーマにした作品のコーナーも設けました。
大阪教室一同ギャラリー展示会に向けて制作に励んで参りました。
どうぞお気軽にご覧いただきます様一同心よりお待ちいたしております。
(みどり会大阪塾生一同 村城翠江)


[期間] 10月30日(金)~11月4日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※11月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年10月23日金曜日

【第2展示室】ロマンドール教室生徒作品展/CERAMIC-CRAFTひとみ(ロマンドール)

ただいま第2展示室では「ロマンドール教室生徒作品展/CERAMIC-CRAFTひとみ(ロマンドール)」を開催しています。
「ロマンドール」とは、全国各地に教室のある陶人形・陶花の講座で、
本展は講師の増田ひとみ先生が枚方市で主宰されている教室のみなさんによる展示です。
くずはアートギャラリーでは、2回目の発表となります(前回の展示はこちら)。
























こちらの陶花・陶人形はポルセレーヌという専用の磁器粘土を形成し、1100℃で数時間焼成して作ります。
焼成する前と後とで大きさが変化するため、全体のバランスが大切になる組作品などの場合は、 
そうした特性を考慮しながら制作を進めていくそうです。
お人形を1体作るのにかかる期間はおよそ1ヵ月。髪の流れやドレスの細部まで、とても細やかに表現されています。
フリルの部分は技術が身に付くまでやはり時間がかかるそうですが、小さな飾りパーツは型を使うなどして、
粘土に慣れていない方でもなるべくやさしく作れるよう、工夫されているとのこと。





















増田先生の教室では洋風のお人形のほかに、上のような和風の作品も制作されています。
陶製のお人形というと、ついフランス人形のような洋風のものを連想しますが、
こちらもほのぼのとした素朴な愛らしさがあり、
ロマンドールのさまざまな魅力を感じさせてくれます。













また、お人形の他にもブーケ、花かごの作品も多数出展されており、こちらは砂糖菓子を思わせる量感や、
柔らかな優しい色合いが素敵です。
上の写真は一輪ずつ作ったバラを、ケーキのように組み合わせた作品。
直径でおよそ70センチほどあり、会場をいっそう華やかにひきたてています。
ごらんになったお客さまからも、「お人形だけかと思って来たのだけど、いろんな作品があって楽しかったわ!」という感想をいただきました。
ぜひみなさまお誘い合わせの上、お越しください。

※ロマンドール学園HPはこちら


[期間] 10月23日(金)~10月28日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】 彩フローラルアート展

ただいま第1展示室では「彩フローラルアート展」を開催しています。 
くずはアートギャラリーでは3年振り、3回目の展示となります。
クレイフラワーという粘土で作られたお花の作品なのですが、間近で見ても本物にしか見えません!
あまりの細かさに「本当に本物のお花じゃないんですよね?」と何回も訊いてしまいました。

子育て仲間やご近所仲間の方々で活動されていて、普段の生活の中で時間を作って制作されるので
だいたいの作品は完成までに1年程かかるそうですが、集中して作ると3日で完成した作品もあるとのことです。

作り方を伺ったところ、最初は何もない白い粘土に絵具を練り込んで色付けして乾かせるという手順を繰り返して
花びらを作り、茎の部分にはワイヤーが入っています。
すごく繊細に見えますが、とても丈夫に出来ていて、形が崩れたり壊れたりすることはほとんど無いそうです。
そう言われるとそうなのですが、それにしても気が遠くなるぐらいに細かい作業です。


本物のお花の形、色などをじっくりと観察しながら寸分違わぬ作品を作られるのかと思いきや、
本物をある程度参考にはされるそうですが、自分のイメージする形、色に作っていくそうです。
ということは、実在しない架空の色、形のお花も作品にすることが出来るのです。

絵具を粘土に練り込んだ時の色と、乾燥してからでは色が違ってくる為に、
最初から乾いた時の色を想像しながら粘土に絵具を練り込んで調整することはとても難しく、
どれだけそっくりに作るかということではなく、いかに頭の中にあるイメージ通りの作品を作るか
ということに苦労されるとのことでした。

展示室を入った所に展示されている「夢はこぶ舟」という作品は、
今回の展示会の為にみなさんで合同で作られた作品です。
一人で作られる作品とは一味違う遊び心満載の作品で、楽しそうに制作された風景が目に浮かぶようです。

白い粘土、棒、ハサミがあればいろいろな物が生まれてとても楽しめます。
作品をご覧になるうちに、きっと自分でも作ってみたくなることでしょう。

[期間] 10月23日(金)~10月28日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年10月19日月曜日

くずはアートギャラリー空き室情報 10月19日更新

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しました。
空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成28年1月8日(金)から10月5日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。



次回は、平成27年11月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成28年11月4日(金)~11月30日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2015年10月17日土曜日

【全室】 香里丘高校美術部9・10・11期OB・OG展/くぼりえ絵画展vol.2

ただいま「香里丘高校美術部91011OBOG/くぼりえ絵画展vol.2」を開催しています。
今回の展示は2パートに分かれており、第1展示室はくぼりえさんの個展、
第2展示室は府立香里丘高校美術部91011OBOGの方による合同展という構成です。


















上の写真はくぼりえさんの展示会場から。
くぼさんは枚方市在住のイラストレーター・絵本作家として活動されている方で、
本展では絵本・企業カレンダーなどの原画を中心に約100点を展示されており、
個展としては20年ぶりとなります。
































優しいタッチの季節の花と妖精のシリーズのほか、くぼさん自身が国内外の旅行先で見た風景をモチーフにした
スケッチ旅行シリーズでは、沖縄やパリ、ベネチアなどさまざまな土地の様子がいきいきと描かれています。
くぼさんは脊髄性筋萎縮症という難病のため、車いすと24時間介護を必要とされていますが、
どの作品も実に細やかな筆致で、ご覧になった方からも「どうやって描いてるの?」と質問をいただくほど。
会場には制作の際に使われている机や画材なども展示されており、アトリエをイメージした空間づくりとなっています。
会期中は19日(月)を除いて、15時から在廊される予定ですのでお話を伺ってみてはいかがでしょうか。

◆ くぼりえさんHP:http://kuborie.com/index.html


そして、第2展示室ではくぼさんが在籍していた府立香里丘高校美術部のOB・OGのみなさん、
顧問の石田眞弓先生による合同展が開かれています。
















開催のきっかけは、くぼさんの作品がたまっていることを知った仲間の方が、もったいないしせっかくだから
久しぶりにみんなで展示をしようか、と思われたことから。
大型の油彩作品や羊毛フェルト、写真ほか幅広い作風の作品が集まりました。
















































美術部というと「学校を卒業してから筆を持つことが減って…」というエピソードをよく聞きます。
出展者の方に、メンバーを集めるのは難しくなかったか伺ってみると、やはり日々の忙しさから
出展できなかった部員もいらしたとのこと。
今回を機会に、本展では参加できなかった方も含めてまた展示ができたらいいな、とお話くださいました。
ご覧になる方の中にも、こちらに刺激を受けて新たに制作を再開される「元美術部」の人がいるといいなと思います。
会場にはメッセージ用のノートがありますので、ぜひ感想など残していってくださいね!


















※こちらの展覧会は、ケーブルテレビの取材を受けました。10月19日(月)から放送予定です。
時間帯等、詳細は下記リンクよりご確認ください。
ケーブルテレビ:K-CATほっとニュース

※17日付けの朝日新聞・大阪版の朝刊に、くぼりえさんの記事が掲載されています。
朝日新聞デジタル(大阪)「支えに感謝し絵画展 難病のくぼりえさん」:
http://www.asahi.com/articles/ASHBH7F6RHBHPPTB00G.html でもご覧いただけます
(記事の全文表示には無料登録が必要となります)。

※18日付けの産経新聞・大阪本社版の朝刊に、くぼりえさんの記事が掲載されています。
産経ニュース(大阪)「枚方の絵本作家が個展 難病と闘い、描き続けた20年」:
http://www.sankei.com/region/news/151018/rgn1510180051-n1.html でもご覧いただけます。


[期間] 10月16日(金)~10月21日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月21日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年10月12日月曜日

【KAGI vol,117 2015.10】情報誌「kagi」10月号発行しました。

情報紙「KAGI」の最新版、10月号がただいま配布中です。
11月からの展覧会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。

(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール正面入口などにござますので、ぜひご覧ください。

























2015年10月9日金曜日

【全室】 第18回 くずは写真クラブ写真展

ただいま第1・第2展示室では「第18回 くずは写真クラブ写真展」を開催しています。
ギャラリーには開場直後からたくさんの祝い花が届き、文字通り展示に華をそえています。





































18回目になる今回は、基本作品と、「水」をテーマにした大型写真コーナーの2種で構成されています。
まず、第1展示室で展示されている基本作品は組写真になっています。
3枚1組で作品の意図を表現するので「ストーリーがなくてはならない」といわれ、
表現意図を考えるところから始まり、どう構成するかなど、1枚の単写真とはちがうむずかしさがあるそうです。
また、会場で配布されている目録にはそれぞれの撮影地が書かれており、どこの風景を切り取ったのかと
思いを馳せることでも味わいが深まるかと思います。


































そして第2展示室へ続く、写真が印刷されたのれんをくぐるとテーマ展示「水」のコーナーです。
こちらでは水音のBGMが流れ、スポットライトでの演出や、写真の組み方などの見せ方の工夫にも注目です。
よくある水辺の風景写真などではなく、「水」そのものをを表現することに皆さん苦心されたようで、
作者それぞれ個性的な作品で楽しませてくれます。



































「来てくれる人にとっても楽しめないとね!」と、制作だけでなく展示についても意欲的なくずは写真クラブのみなさん。
もうすでに19回目、20回目とクラブ20周年に向けての構想もできているそうで、次の展覧会もとても楽しみです。
みなさまお誘い合わせの上、是非お越し下さい。


※こちらの展覧会は、ケーブルテレビの取材を受けました。10月12日(月)から放送予定です。
時間帯等、詳細は下記リンクよりご確認ください。
ケーブルテレビ:K-CATほっとニュース

※こちらの展覧会はFMひらかた「虹色スクランブル」の取材を受けました。10月15日(木)に再放送予定です。
時間帯等、詳細は下記リンクよりご確認ください。
FMひらかた : 番組表

[期間] 10月9日(金)~10月14日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月14日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年10月5日月曜日

くずはアートギャラリー空き室情報 10月4日更新

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しました。
空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成28年1月8日(金)から10月12日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。


次回は、平成27年11月1日(日) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成28年11月4日(金)~11月30日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

2015年10月2日金曜日

【第2展示室】 旅の途中「二人展」第2回/住吉正夫・文子

ただいま第2展示室では、住吉正夫さん、文子さんによる「旅の途中「二人展」第2回」を開催しています。
お二人のくずはアートギャラリ―での作品展示は今回が初めてとなります。















陶芸作品を制作されているのは、住吉正夫さん。入口では一足お先に雪だるまとサンタがお出迎え(?)をしています。
正夫さんは定年後に趣味として陶芸を始められ、同好会で作品づくりを楽しまれています。
重みのある印象の花瓶や、愛嬌のあるお人形、すべて手びねりで制作されており、
そのとき作りたいものをご自分で自由にアレンジしておられるそう。
「先生もいないので、「住吉焼き」ですよ」と笑顔でお話されていました。

















上の写真にある栗の絵皿は、奥様の文子さんが絵付けをしたもの。文子さんは書と、墨彩画を出展されています。




































展示は初めて二人展を開催されてからの3年間で制作された作品で、どれも実際にご自宅に飾っているものとのこと。
あえて表装せず、真っ白なパネルに書かれた書の作品がご自分でも気に入っているそうで、
飾る空間を選ばずカジュアルに鑑賞できる雰囲気があります。
墨彩画の門松は、住夫さんが毎年作る門松を描かれたそうで、お二人のお話を聞いていると、
制作と暮らしそのものを作りだすことがとても近いように感じられ、
見ているこちらもいいなぁという気持ちになりました。
































ちなみに上2点はそれぞれに作品を選んだら、たまたまカニが揃ったそうです。
それでは、みなさまどうぞお越しください。


[期間] 10月2日(金)~10月7日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月7日(水)は18:00終了
[入場料] 無料