2015年9月29日火曜日

館内の案内ポスターが増えました

くずはアートギャラリーのある、本館ハナノモール館内の案内ポスターが増えましたのでお知らせします。

現在くずはモール内には、ギャラリーの月間スケジュールを掲載したポスターが3カ所に掲示されています。
今月より新しいポスターを、もう1種類貼らせていただけることになりました。
場所は、本館ハナノモール1階・駅側の入口からすぐのエレベーターを上がり、
3階で降りていただくと左手の壁に貼られています。
お越しの際の目印にしてくださいね。



2015年9月25日金曜日

【全室】 フェスタ・オブ・クラフト ハワイアン&おとぎの国/フェスタ・オブ・クラフト

ただいま第1・第2展示室では「フェスタ・オブ・クラフト ハワイアン&おとぎの国」を開催しています。
展示されているフェスタ・オブ・クラフトは江本穂波先生が主宰をつとめておられ、
くずはアートギャラリーでは今回が3回目の展示となります。

















第1回「ウィリアム・モリス」、第2回「Wa~和」に続き、今回は「ハワイアン&おとぎの国」と、
2つのテーマで制作されています。
まず、第1展示室ではハワイアンをテーマにした作品が展示されています。
植物などの自然をモチーフにしたハワイアンキルトを中心に、大らかで安らぎのある空間を展開されています。
また、作品のそばには製作期間やイメージなどを綴ったコメントがそえられてあり、それぞれのストーリーを感じることができます。





































そして第2展示室では、おとぎの国をテーマに構成されています。
リバティプリントなどの美しい布を使って作られたカルトナージュや刺繍、繊細でロマンチックな小物がたくさん!
コーナーごとにカーテンやレイアウトによる演出が効果的に使われ、変化のある展示が楽しめます。














































フェスタ・オブ・クラフトでは、作品を実際に使う、飾るなどして、
暮らしの中で手づくりを楽しむことを大切に活動されているそうです。
例えば、下の写真は江本先生の息子さんの部屋から、普段使われている作品を
そっくりそのままギャラリーへ運び、再現されたスペース。
手づくりというと、どうしても女性的でかわいらしいイメージが強いですが、
全体の色彩や小物の合わせ方次第で、こうしたボーイッシュな空間作りもできるのですね。
















会期中の9月27日(日)には、30分ほどのミニコンサートも開催されますので、
みなさまどうぞお越しください。

*関連イベント・ミニコンサート
 日時:9月27日(日)13時より
 会場:くずはアートギャラリー展示室内
 出演:財 盛紘(ベース) 蓼沼ゆき(ピアノ)


[期間] 9月25日(金)~9月30日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月30日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

10月の展覧会一覧

10月の展覧会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。


・第1展示室  第4回 彩(いろどり)の会展/ 彩の会 (色鉛筆・水彩・パステル)
・第2展示室  旅の途中「二人展」第2回/住吉正夫・文子(書・墨彩画・陶芸)

・全室  18回 くずは写真クラブ写真展(写真) 

・全室  香里丘高校美術部91011OBOG/くぼりえ絵画展vol.2(油彩・水彩・写真・コラージュ)

・第1展示室 彩フローラルアート展(クレイフラワー)
・第2展示室 ロマンドール教室生徒作品展/CERAMIC-CRAFTひとみ(ロマンドール)(陶花、陶人形)

ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

10月の展覧会 10月23日(金)~10月28日(水)

・第1展示室 彩フローラルアート展(クレイフラワー)














この度、くずはアートギャラリーにて、3回目の作品展を開催させていただけますことを
会員一同楽しみにしております。
展示作品は発色と柔軟性に優れたオリジナルの樹脂ネンドで制作してあります。
破損の心配がなく洗う事も出来、永く美しさを楽しめるのが特徴です
一人一人、心を込めて丁寧に仕上げました。どうぞご高覧ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


・第2展示室 ロマンドール教室生徒作品展/CERAMIC-CRAFTひとみ(ロマンドール)(陶花、陶人形















教室を始めて27年になります。
その間素材は紙粘土からセラミックに移り、布の感覚で自由に造形し1100℃で数時間焼成します。
夢を込めてそれぞれの感性で人形や花の細やかな表情を作りました。
楽しくをモットーに作業中も笑いの絶えない教室から産まれた作品に、作者自らほっこり癒され 
次への源動力となります。
皆さんの作品を多くの方に見ていただけますようご来場を心よりお待ち申し上げます。


[期間] 10月23日(金)~10月28日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

10月の展覧会 10月16日(金)~10月21日(水)

・全室  香里丘高校美術部91011OBOG/くぼりえ絵画展vol.2
(油彩・水彩・写真・コラージュ)
香里ケ丘高校美術部9・10・11期OB・OG展















くぼりえ絵画展vol.2

















【香里丘高校美術部】
911期の作品展。美術部顧問の恩師である石田眞弓先生と一緒に作品展を行います。

【くぼりえ】
1974年生まれ。枚方市在住。成安造形短期大学卒業後、
絵本「バースデーケーキができたよ!」「およぎたいゆきだるま」を出版。
イラストレーター・絵本作家として活動。生後6ヶ月に脊髄性筋萎縮症(SMA2型)とわかり、
全身の筋力がほとんどなく、全介護が必要で、車椅子や人工呼吸器を使いながら生活中。
カレンダーや絵本の原画を中心に、水彩画、写真、97歳の祖母の絵画5点を含む、約100点を展示。
20年ぶりの個展になります。母校で私自身が元部員でもある香里丘高校美術部と同時開催。
こうしてここまでくることができたのは、今まで応援してくださったみなさんのおかげだと心から感謝の気持ちでいっぱいです。ギャラリーでお会いできるのを楽しみにしております!


[期間] 10月16日(金)~10月21日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月21日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


10月の展覧会 10月9日(金)~10月14日(水)

・全室  18回 くずは写真クラブ写真展(写真) 




































本年度は第18回目の展示会を開催する事に成りました。
当クラブの展示会は回を重ねるごとにお客様が増え昨年度は1500名余りの方々にご高覧いただきました。
本年度はさらに多くの方にご高覧いただくべく、この1年間写術の向上に励んで参りました。
また当クラブの目的であります写真を通じて仲間・絆づくりを大切に「写心」を念頭に良き指導者を得て仕上げて参りました。
今回は基本作品には一部でありますが写真の知識を広げるべく「組写真」にチャレンジ、
また、今年も特別企画としてデジタル時代にマッチした「A2サイズ」の大判写真のテーマ「水」にチャレンジし、
これら写真の要となる、画質の向上を図るべく取組んで参りました。
今回の展示会も「くずは写真クラブ」の特徴であります、どなた様にもお楽しみいただけるバラエティーに富んだ楽しい写真展を心がけました。
お気軽にご高覧いただきますようお願いいたします。 

くずは写真クラブ員一同

[期間] 10月9日(金)~10月14日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月14日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

10月の展覧会 10月2日(金)~10月7日(水)

・第1展示室 第4回 彩(いろどり)の会展/彩の会(色鉛筆・水彩・パステル)


「彩の会」では、洋画家・稲垣直樹先生のご指導のもと、色鉛筆・パステル・水彩など
画材の特性を活かした画法に取り組んでいます。
2回の屋外スケッチを含めて月2回、20数名が午前・午後に分かれて活動しています。
静物・人物・風景を中心に、先生の密度の高いご指導を受け、このたび、四度目の作品展を行うことが出来ました。
是非一人でも多くの方に来ていただき、ご鑑賞していただくことを願っています。


・第2展示室  旅の途中「二人展」第2回/住吉正夫・文子(書・墨彩画・陶芸)



















親しみを基に、身の回りのテーマを作品にしました。
前回初めて個展を開いて「ほっこりした展示ですね」と言われ大変嬉しかった!
あれから3年、いろいろ悩みながらの日々ですが一生懸命歩みつづけてます。
ここらでちょっと休憩して皆様と語らいの時を持ちたくなりました。
どう表現しようと私達の作品です、旅の途中「二人展」どうぞご笑覧ください。
楽しみにお待ちしてます。

[期間] 10月2日(金)~10月7日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月7日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年9月21日月曜日

くずはアートギャラリー空き室情報 9月19日更新

くずはアートギャラリー空き室状況を更新しました。
空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成28年1月8日(金)から9月28日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。

次回は、平成27年10月2日(金) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成28年9月30日(金)~11月2日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

※運営規程により、10月1日(木)は休館日のため、
  受付は翌日からとさせていただいております。ご了承ください。
  詳しくは「ギャラリー利用のご案内」をご確認ください。

2015年9月18日金曜日

【第2展示室】 玄番央恵展 ~もっと楽しんで! 世界旅を水彩画で~

ただいま第2展示室では「玄番央恵展 ~もっと楽しんで! 世界旅を水彩画で~」を開催しています。

玄番央恵さんの当ギャラリーでの展示は今回で3回目となります。
前回(2年前)の「玄番央恵展 ~楽しんで! 世界旅を水彩画で~」ではヨーロッパの作品が少なかったので
今回はヨーロッパを描いた作品が多くなり、タイトルも「~もっと楽しんで! 世界旅を水彩画で~」にパワーアップしています。

玄番さんはご主人と旅行された時に目にした物、感じたことを絵に描いて残したいという思いから
8年前に独学で絵を描き始められました。
旅先でご主人が撮影された写真を見てその時のことを思い出しながら、時には想像を巡らせて思い浮かんだストーリーを付け加えながら絵を描かれます。
気さくな話し言葉でのキャプション(作品の説明)も含めてひとつの作品となっています。
そんな大切な思いが詰まった作品は、描き始めるとボツにすることは無く必ず完成させるそうです。

「作品づくりにおいて苦労することはありますか?」とお聞きしたところ、
絵を描いている時は線の引き方や構図、
ご自身の想像で描き加えられる物の大きさや遠近感など技術的なことにも苦労されるそうですが、
「どんな絵にしよう?」とか「こんなストーリーがこの作品には合うのでは?」とか「どんなコメントを書こうか?」と考えることがそんな苦労を上回って楽しいそうです。
そんな楽しさは描かれた一点一点の作品から飛び出してくるように感じます。

順路に沿って作品をご覧になると、世界旅行に行った気分になって、きっと「世界旅行に行ってみたい!」と思われることでしょう。
みなさまお誘い合わせの上、是非お越し下さい。



[期間] 9月18日(金)~9月23日(水・祝)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月23(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】第34回 グループ彩イロドリ展

ただいま第1展示室では「第34回 グループ彩イロドリ展」を開催しています。

グループ彩(イロドリ)さんは、羽田野 清先生が指導されている35年続いている油絵教室で
今回の展覧会で34回目、先生の作品を含む13名、34点の作品展示です。






 今年のテーマは「額縁も描いてみました」
昨年の展覧会で額縁を入れて描かれた作品があり、先生がその作品に注目され
今回のテーマになったそうです。
出品されている方にお話をうかがうと「なかなか難しい」とのこと。
一見、額に入っているように見えますが、よく見ると装飾的なもの・素朴なもの・
実は額からモデルさんの足が出ていたり・・・と個性たっぷりの作品の数々です。



 テーマ以外の作品も 
油絵ならではの色づかいや筆のタッチ、重厚であざやかな色合いで元気をもらえるようです。
いろいろな見方が出来る展覧会になっております。
ぜひみなさまのお越しをお待ちしております。



[期間] 9月18日(金)~9月23日(水・祝)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月23(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年9月12日土曜日

くずはアートギャラリー空き室情報 9月11日更新

くずはアートギャラリー空き室状況の更新しました。
空き室状況
http://akishitu.blogspot.jp/

現在、平成28年1月8日(金)から9月28日(水)までの申込みが可能です。
上のリンクから空き室を確認していただけます。


次回は、平成27年10月2日(金) 午前10時より、くずはアートギャラリーにて
平成28年9月30日(金)~11月2日(水)までの申請受付をいたします。
希望者が多数の場合は抽選にて決定させていただきますのでご了承ください。

※運営規程により、10月1日(木)は休館日のため、
  受付は翌日からとさせていただいております。ご了承ください。
  詳しくは「ギャラリー利用のご案内」をご確認ください。

2015年9月11日金曜日

【第2展示室】 第23回 楠葉写友会写真展

ただいま第2展示室では「第23回 楠葉写友会写真展」を開催しています。

楠葉写友会さんは結成されてから29年。今回で23回目の写真展となり、
くずはアートギャラリーでもおなじみの写真展です。
会場に足を踏み入れると出品者のみなさま一人ひとりの個性的な写真が展示されています。結成当初は国画会の会員であった故・田中幸太郎先生の下で造形と抽象を学ばれていたということですが、現在は田中先生に教わっていた方は数人になっているそうです。

現在、写真は全てデジカメで撮影されています。お話を伺ったところ、造形物を作ってからそれを被写体に写真を撮る作品、撮影した写真をパソコンでコントラストなど調整したり加工したりする作品、撮った写真を頭の中にあるイメージに近づけてパソコンで画像処理をしてまるでCGのように見える作品など、技法は人により様々です。結成当初はまだデジカメが無かったので、撮られた写真の一部を切り取ってコラージュしたりと今とは違う手法だったそうです。風景の写真はプロに任せて、自分達の個性が反映されるアート的な写真作品を作る」という田中先生の教えが出品者のみなさまに今も息づいていることが感じられます。




月に1度みなさんで集まって作品を持ち寄られる時には
普通の風景や花の写真もあるそうですが、
写真会の為の作品を選ぶと抽象的な作品が多くなるそうです。
今回の写真会を開催するにあたっては自分以外の作品もみなさんで選ばれているそうなので
作品選びにはとても苦労されたとか。

ご来場のお客さまには画題にとらわれず、深読みせず、作品を観た印象を自然に、素直に感じとって下さいとのことです。
じっくりと作品をご覧になって、独特な世界観を感じてみてはいかかでしょうか。
みなさまお誘い合わせの上、是非お越し下さい。

[期間] 9月11日(金)~9月16日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月16日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】 久家麻子絵画教室作品展

ただいま第1展示室では「久家麻子絵画教室作品展」を開催しています。
















出展されているのは久家麻子先生が主宰されている「画室N9.5(がしつ しろ) 久家麻子絵画教室」のみなさま。
枚方市内で活動されており、小学生から高齢の方まで約35人の生徒さんが通われているそうで、
作品も立体、水彩、油彩や版画などなど多岐にわたっています。































今回は、デッサンや校正を学ぶための課題制作と、それぞれに好きなテーマで制作された
作品の両方が展示されています。
教室には、少人数でじっくり制作に取り組みたいと希望される生徒さんが多いそうで、
作品によっては年をまたいで描かれたものもあるそうです。

















上は久家先生のカンガルー。一見、陶や石といった素材に見えますが、
お話によると砕いた新聞紙や樹脂などを混ぜたもので塗られています。
中も新聞紙で出来ていて、抱えて持ち歩ける程度には軽いそうです。
















上は生徒さんの作品で、タイトルは『犬じゃない!!、馬!!!』
雄馬の歯並びを見た生徒さんが、「この歯並びを作りたい!」と制作されたのですが、
どうにも犬と間違えられるところから、こうしたタイトルになったとのこと
(馬はオスにだけ犬歯があるのだとか。スタッフもてっきり犬だと思っていました。ごめんなさい)。


その作品の多様さから「初めは出展点数を減らそうかと悩みました」とおっしゃる久家先生。
数々の個性的な作品が集いながらも、心地よいバランスの空間となりました。
どうぞみなさまお誘い合わせの上お越しください。



[期間] 9月11日(金)~9月16日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月16日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2015年9月7日月曜日

【KAGI vol,116 2015.9】情報誌「kagi」9月号発行しました。

情報紙「KAGI」の最新版、9月号のお知らせです。
10月からの展覧会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。

(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール正面入口などにござますので、ぜひご覧ください。





































































2015年9月6日日曜日

フェスタ・オブ・クラフト展示会 ミニコンサートのお知らせ


「フェスタ・オブ・クラフト ハワイアン&おとぎの国」会場内にて、ミニコンサートを開催されます。
展示テーマに合わせた30分ほどの演奏を予定しています。
みなさまのお越しをお待ちしております。

 ■開催日:9月27日(日) 
 ■時間:午後1時~ (※状況により多少前後する場合がございます。ご了承ください)
 ■財 盛紘(たから もりひろ):ベース、蓼沼ゆき(だてぬま ゆき):ピアノ

 ■予約・入場料:不要
 ■会場:くずはアートギャラリー「フェスタ・オブ・クラフトハワイアン&おとぎの国」会場内


〈出演者プロフィール〉

財 盛紘(たから  もりひろ):ベース









甲南大学卒業後大阪を中心に演奏活動中。
ニューヨークの偉大なミュージシャン達と親交が深かったベーシストの故西山満氏に師事。
それと同時に西山満withGSB(GrandSon Band)に所属しJAZZを経験する。


蓼沼ゆき(たでぬま ゆき):ピアノ








幼少期よりクラシックピアノを習う。
関西学院大学JAZZ研究会JAMにてジャズに出会い、アロージャズオーケストラの石田ヒロキ氏、
北野タダオ氏に師事。
谷町9丁目のライブハウスSUBにて、ベーシスト西山満氏より音楽を学ぶ。関西を中心に活動中。

2015年9月4日金曜日

【第2展示室】黒川しづこ透明水彩画展&教室作品展

ただいま第2展示室では「黒川しづこ透明水彩画展&教室展」を開催しています。
















「くろかわ透明水彩画教室」を主宰されている黒川しづこさんと、教室のみなさんの作品展です。
会場に入ると優しいタッチの水彩画にほっと心がなごみます。
出展作品の中にはコメントがついているものもあり、その絵にぐっと近づくようで見ていてとても楽しくなります。

















































画材が透明水彩絵の具ということで、その特性を大切にするために、
「描き込み」は大事ですが、「描き過ぎ」はよくないと。
その見きわめ、タイミングが難しいとのことです。
「“未完の美”を楽しむこと」と黒川さんはおっしゃっていました。

















そのほか、「一本スケッチ」という絵も教えていらっしゃいます。
これはモチーフをつながった一本の線で表現し、そのあと水彩絵の具で色付けするというもので、
つながった線を目でたどってみたり、自由に彩色された色を楽しんだりもできる絵です。
ぜひみなさまお誘い合わせのうえ、会場にお越しください。


黒川しづこさんのブログ「水彩的生活KUROKAWAの透明水彩画」 http://kurokawa-suisai.blog.jp/



[期間] 9月3日(金)~9月9日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月9日(水)は18:00終了
[入場料] 無料