2015年2月27日金曜日

【第2展示室】兄妹展「心へプレゼント」(陶芸・書)

ただいま第2展示室では斎藤遊星さん・菁紅さんによる『兄妹展「心へプレゼント」』を開催しています。

今回出展されているのは、陶芸作品が斎藤遊星さん(兄)・書作品が斎藤菁紅さん(妹)です。
お二人ともに枚方在住でそれぞれご活動されておられます。



















斎藤遊星(ゆうせい)さんの陶芸作品は、木の葉天目という珍しい技法を使われています。
遊星さんは東洋陶磁器美術館で木の葉天目椀をご覧になられて、その美しさに魅了されて、様々な試行錯誤を繰り返しながら制作に取り組んでおられるそうです。

































使用する葉っぱは枚方香里団地などで椋・ケヤキ・桑・カジ・コウゾ・などを採集し、乾燥させて使うそうです。
「様々な工程を経て、葉っぱの葉脈の残り方や色あいをみて、次の作品に活かしていきます」と言う遊星さん。陶芸への尽きない好奇心と制作に対する情熱が垣間見えました。

次に、書作品は斎藤菁紅(せいこ)さんと、枚方市内で開かれている「書・あとりえ うさぎ(遊月会)」の生徒作品が展示されています。






































菁紅さんは元々、絵を描くのは昔から好きだったようでデザインの勉強をされておられたそうです。社会人になってから書を始められたとか。そういったことも関係するのか、文字と余白と額(または軸や屏風)の関係がバランス良く、モダンな雰囲気を醸し出しているように感じられます。

文字に挿絵があるというより、絵を描く延長に文字がある。書なのに文字だけが主役ではなく、絵と対等な関係であるようにも見えます。


































生徒のみなさんの作品もとても伸び伸びと、軽やかな感じがします。
また、今回来ていただいたお客様への手書きの絵はがきもとてもステキですね。

みなさまお誘い合わせのうえ、くずはアートギャラリーへお越しください。

--------------------

斎藤遊星さんのブログ
 ひらかた七夕工房だより


[期間] 2月27日(金)~3月4日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月4日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2015年2月23日月曜日

3月の展覧会一覧

3月の展覧会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。

・全室 京都大学美術部 卒展これでよかってん(絵画)
・第1展示室 上野孝子さをり織とバッグ展(織物・布バッグ)
・第2展示室 旧田中家鋳物民俗資料館 体験工房作品展(鋳造・七宝・ステンドグラス・彫金など)
・全室 岸本玉壽(芳翠)書展 併設 社中展/岸本玉壽書道教室() 

・第1展示室 第7回 花のスケッチグループ展/スノードロップ(水彩)
・第2展示室 フランス額装グループ展/アトリエ・スノーフレーク(フランス額装)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

3月の展覧会 3月27日~4月1日

【第1展示室】 第7回 花のスケッチグループ展/スノードロップ(水彩)
















このたび「花の水彩画」第7回作品展を迎える事が出来ました。
花の美しさに魅せられ、心を癒され、楽しみながら花を描く喜びを感じております。
好きな道に出会えた事、素敵なお仲間にめぐり会えた事に感謝しております。
優しさ、繊細さ、その他それぞれの人が描く個性あふれた作品を皆様に御覧いただく事は私達の励みになります。
「花の水彩画」をお楽しみ下されば嬉しく存じます。
(スノードロップ 吉川紀子)

【第2展示室】フランス額装グループ展/アトリエ・スノーフレーク(フランス額装)





















フランス語でencadrement(アンカードルモン)といい「枠をつける」「額縁に入れる」「額装」という意味です。
フランス額装は額の中におさめる作品(document・ドキュモン)をより魅力的に引き立たせるために作品と額縁の間におくマット部分を装飾することです。作品の周りのマットを装飾し、額とコーディネートすることによりポストカードや写真、趣味の作品、思い出の品などを世界でただ一つの作品、オートクチュールの額装作品にします。
私達はそれぞれお気に入りのドキュモンで個性豊かな作品に仕上げました。
皆様にご覧いただき次のステップにしたいと思います。


[期間] 3月27日(金)~4月1日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※4月1日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


3月の展覧会 3月20日~3月25日

【全室】 岸本玉壽(芳翠)書展 併設 社中展/
岸本玉壽書道教室()




































今回くずはアートギャラリーにて書展並びに社中展を開催する運びとなり喜びにたえません。
11年前、枚方市東口前のふれあいホールにて初めての書展を開きました折には沢山の方々にご来展いただき、予想外の大反響をいただきました。その節は本当にありがとうございました。
その時「10年後に再び」とのお言葉にお応えすべく一作品一作品に心を込めて書き残して参りました。お正月に行なわれます市民書道展にも毎年出展させて頂いております。
いつの間にか書のファンも増えて参りました。まだまだ拙い書ですが見る人に幸せ感や元気、生きる力等何かを感じ取っていただけるのではと思っております。
書道歴40年の集大成として溢れる思いを受け取ってください。生徒さんの作品も素敵な書がいっぱいです。ご購入も可能です。
どうぞお誘いの上、お越しくださいませ。


[期間] 3月20日(金)~3月25日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※3月25日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

3月の展覧会 3月13日~3月18日

【第1展示室】 上野孝子さをり織とバッグ展(織物・布バッグ)















さをり織を始めて15年程が経ちます。美しい色と、織りの自由さに魅せられ、ぼちぼちと織り続けています。
この間、織りの仲間に助けられ、楽しい月日を過しました。
織り仲間のつながりで、手作りバッグも始め手作りの温もり、楽しさ、無限さに日々魅せられています。
今回、まだまだ未熟な作品達ですが、より多くの方々に見ていただければと、個展をする決心をしました。
ただ、楽しんでいただければ、幸いです。
(上野孝子 「さをり織とバッグ展」を開催するにあたって)

【第2展示室】 旧田中家鋳物民俗資料館 体験工房作品展
(鋳造・七宝・ステンドグラス・彫金など)





















枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館は、鋳物の歴史や枚方の民具を紹介する資料館です。
この資料館に、平成20年度、ものづくりを体験できる体験工房がオープンしました。
そこでは、鋳造、七宝、彫金、バーナーワーク、ステンドグラスといった市の主催講座を開催するほか、講座の出身者を中心に結成したサークルが、日々、美術・工芸の創作活動を行っています。
このたび、体験工房の主催講座やサークルで制作した作品を一堂に集め、作品展を開催します。この作品展を通し、皆さんに、ものづくりの楽しさと素晴らしさをお伝えできればと考えております。思いを込めて作りあげた、個性光る作品の数々をぜひご覧ください。


[期間] 3月13日(金)~3月18日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※3月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

3月の展覧会 3月6日~3月11日

【全室】 京都大学美術部 卒展これでよかってん(絵画)




































「これでよかってん」は京都大学美術部の卒業展覧会です。私たちは作風も性格もバラバラ、多種多様なメンバーが集まった学年でしたがアグレッシブに色々なことに挑戦してきました。
今展覧会では各々の部員が「これでよかってん」と4年間を締めくくることができるような作品づくりに取り組み、同時に合作として1年生の時に初めて全員で作ったモザイク画「おにょりん※写真」のリメイクを行いました。
展覧会にお越しいただき、新しく生まれ変わった「おにょりん」をぜひ皆様の目でお確かめください。入部当時の過去の作品から新作までを展示した、4年間の集大成と言える展覧会です。たくさんの方にいらしていただけると嬉しいです。


[期間] 3月6日(金)~3月11日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※3月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料



2015年2月20日金曜日

【第ニ展示室】kag美術図書館~図書閲覧コーナー拡大版 その2

ただいま第2展示室では「kag美術図書館~図書閲覧コーナー拡大版」、2回目を開催しています。
こちらでは、ギャラリーへの寄贈書や蔵書の閲覧ともに、各種フリーペーパーをご覧いただけるようになっています。
































今回は、枚方市周辺で配布、活動されているフリーペーパーをご紹介します。

〈えんを描く〉
〈LIP〉
〈毬〉
〈うじぶら〉
〈くすくす〉
















ご協力頂きました発行元のみなさま、ありがとうございました。




















お持ち帰りいただけるコーナーもありますので、ぜひお手にとってごらんくださいね。


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

【第一展示室】あすなろ絵画展~素晴らしき創造の世界~ (水彩・写真・クレヨン・色えんぴつなど)


ただいま第1展示室にて「あすなろ絵画展~素晴らしき創造の世界~」を開催しています。

寝屋川市内にある『あすなろ』という福祉施設のみなさんの、水彩・写真・クレヨン・色えんぴつなどの絵画、約70点が展示されています。

















今回が初めての絵画展とのこと。
これまで絵を描くのが好きな方もいらっしゃったようですが、「展覧会」のために決まった大きさの画用紙に描くというのは初めて。中には初めて筆を持つという方も。

筆を持つのも困難な重度の障害を持つ方も多くいらっしゃるため、職員の方々は、筆以外にもタワシやスポンジ、はたまた掃除用のブラシなど様々な画材を集めて、絵を描くという試みを提案。
次々と溢れるアイデアを何枚に渡って描く人もいれば、1枚の絵を何日もかけて描い人もいたようです。
楽しく描くことが一番!絵を描くのにルールなんてない、ということを改めて実感させられます。


































みなさん意欲的に取り組まれ、絵を描く時間を本当にいきいきと過されたようです。
お客様からも「描く人の感情がストレートに現れていて迫力がある」「私たちでは考えつかないような色使いが素晴らしい」などのお声をいただいています。

「どの作品が一番お気に入りですか?」との職員さんの質問にも答えは十人十色。
これほどの個性派ぞろいの作品を前に、その答えにも頷けますね。





















描く人々の感性と、職員のアイデアが素晴らしい化学反応を起こした作品展となっています。
是非一度、足を運んでみてください。


[期間] 2月20日(金)~2月25日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※2月25日(水)は18:00終了
[入場料] 無料



2015年2月13日金曜日

【全室】 キルトハウス トモコ作品展

ただいま第1・第2展示室にて「キルトハウス トモコ作品展」を開催しています。

会場ではシックな色合いのタペストリーのほか、バッグやお人形などの小物を中心に展示されており、落ち着いた中にも可愛らしさのあふれる雰囲気が感じられます。
































キルトハウス トモコは、キルトパーティ公認講師・芝原朝子さんが主宰されているキルト教室で、
楠葉並木にあるご自宅で活動されています。平成6年から教室を始めて、現在28人が在籍しています。
月に2回、芝原さんのカリキュラムをこなしながら作品制作を楽しんでおられる様子が伝わってきます。

今回展示されている人形・小物作りも実は課題のひとつだそうです。
大きなタペストリーは3~4年かかる大作ですが、こういったハギレを使った人形や小物作りも楽しみの一つなのではないでしょうか。

色調はキルトパーティ(斎藤謠子さん主宰)の意向などもあり、芝原さんのご指導のもと布選びなどされているようです。作品ひとつひとつの個性と、展示全体の引きしまった雰囲気を感じられます。




































下の写真向って右は芝原さんの初めての作品です。芝原さんは、教えられるまま夢中で仕上げた作品が画面下の本で取り上げられ、とても感動されたそうです。作品を前に芝原さんは、とても感慨深くお話ししてくださいました。


















みなさまお誘い合わせのうえ、くずはアートギャラリーへお越しください。


[期間] 2月13日(金)~2月18日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※2月18日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2015年2月6日金曜日

第1展示室 【第33回 ひよこ写真展】

ただいま第1展示室では【第33回 ひよこ写真展】を開催しています。
















作品を発表されているのは「写真クラブひよこ」の皆さま。
「写真クラブひよこ」は1980年に発足されたクラブで、大林康二先生を講師に迎え活動されています。
会場には開館直後からたくさんの観覧者の方々やケーブルテレビの取材が来られ、にぎやかに初日を迎えました。
































作品は国内外の風景や野鳥、人物などの野外写真が中心です。
自由作品と、テーマ作品「輝」のニ部で構成されています。
































写真展示の他にも、これまでの作品を収めたアルバムが閲覧でき、クラブのあゆみを垣間見ることができます。
















会期中は会員の方が在廊していますので、写真談義やカメラ談義に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。
また、写真クラブひよこでは、会員を募集されているそうです。
ご興味のある方は下記リンクから、ホームページをご覧ください。

〈写真クラブひよこホームページ〉http://www.eonet.ne.jp/~kurabu-hiyoko/hiyoko-top.htm

※こちらの展覧会は、ケーブルテレビの取材を受けました。2月9日(月)から放送予定です。
時間帯等、詳細は下記リンクよりご確認ください。
ケーブルテレビ:K-CATほっとニュース

[期間] 2月6日(金)~2月11日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※2月11日(水)は18:00終了
[入場料] 無料