2014年10月31日金曜日

【第2展示室】MOA美術館枚方交野児童作品展 2014

ただいま第2展示室では【MOA美術館枚方交野児童作品展 2014】を開催しています。

箱根にあるMOA美術館が全国各地で開催している、地域の子どもたちの
絵画・書写の作品展です。

2014年度の枚方市・交野市地域の応募総数は2,401点。
そのうち、入選数は172点、、入賞は11点です。
たくさんの幼児から小学校6年生までの児童の水彩画・書道作品がズラリと並んでいます。



















特にテーマを設けていないので自由に描いて応募いただいていますが
学校や教室などでテーマを決め、まとめて応募されている方も少なくないようです。

絵画教室、書道教室はもちろんですが、最近では学校の授業でも
真剣に取り組まれる先生がいらっしゃるようで、
素晴らしい作品がたくさん集まっているのだそうです。


































今年も力作が揃った入賞作品は上記の11点。
入賞者の表彰式は11月2日(日) 13:30~の予定です。

ぜひ、くずはアートギャラリーへお越しください。


[期間] 10月31日(金)~11月5日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月5日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】長谷川貞信画塾 第37回 萌黄会日本画展

ただいま第1展示室では【長谷川貞信画塾 第37回 萌黄会日本画展】を開催しています。
















萌黄会では、日本美術院特待、有秋会代表をつとめておられる五世長谷川貞信先生が指導をされています。
今回は会の方による32点に加え、賛助作品1点が展示されています。
































こちらの作品を見ていて、まず目を惹かれるのはその質感。建物の壁やバックなど、漆喰にも似た厚みを感じます。
会の方にうかがうと、モチーフの描写、または意匠のために絵の具を何度も塗り重ねて仕上げていくのだそう。
ほかにも彫り塗りという技法で描かれた作品など、そうした面でも興味はつきません。

※彫り塗り―最初にひいた描線を塗りつぶさずにこれを生かして彩色する技法。


































そして、展示室正面には長谷川貞信先生による賛助作品「御神渡り」。
こちらは近松半二作・本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)を題材に描かれた作品で、
作中に登場する八重垣姫が諏訪法性の兜の力を借り、許嫁の勝頼に危機を知らせるクライマックスの場面。
雪や氷の質感など画像では伝えきれない豊さがあり、国立文楽劇場の絵看板を手がけられている先生ならではの作品です。
ぜひ、みなさまお誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 10月31日(金)~11月5日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月5日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2014年10月25日土曜日

11月の展覧会一覧

11月の展覧会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。

・第1展示室 長谷川貞信画塾 第37回萌黄会日本画展(日本画)
・第2展示室 MOA美術館枚方交野児童作品展 2014(水彩画・書)


・第1展示室 第2回 書塾遊貴の会 社中展(書道)
・第2展示室 大翔会関西展(油彩・水彩・水墨画)

・全室 原恭子 アトリエ ラ・ラピン パッチワークキルト展 (パッチワークキルトなど)

・全室 アトリエのの パッチワーク・キルト生徒作品展 (パッチワークキルトなど)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

11月の展覧会 11月21日~11月26日

11月に開催される展覧会のご案内です。

【全室】
アトリエのの パッチワーク・キルト生徒作品展 (パッチワークキルトなど)















楠葉と牧野の教室を一つにし、団結が深まって二度目のアートギャラリーでの作品展です。
今回は講師である私の事情で教室を休んだりしていたのですが、生徒さんの努力によりたくさんの作品を展示することができました。とても感謝しています。
アトリエののでは、大作のタペストリーもありますが、作って楽しい、使って楽しい作品がたくさんあります。普段の生活に手作りを少しプラスする発想でカフェカーテンや小物入れやバッグなど、色や形にもこだわっています。
パッチワーク・キルトは細かくて大変そうだと思う方は、ぜひ見に来てください。これなら作ってみたいな、作れそうかも、と思われたなら、一緒にちくちく始めてみませんか?20人の個性溢れる作品と、小さな天使が、お立ち寄りいただくのをお待ちしております。

[期間] 11月21日(金)~11月26日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月26日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

11月の展覧会 11月14日~11月19日

11月に開催される展覧会のご案内です。

【全室】
原恭子 アトリエ ラ・ラピン パッチワークキルト展 (パッチワークキルトなど)


































アトリエ ラ・ラピンのくずはアートギャラリーでの展示は2度目となります。針と糸と布の織りなす協奏曲を心までお楽しみください。
今回のテーマは、四季折々の花~Flower~。原恭子と仲間たちで、テーマに沿った作品を楽しく制作しました。
一針一針心を込めて制作するパッチワークキルト、その中には様々な想い出や、願いや祈りが込められています。
明るくきれいでおしゃれな色彩とデザインの中に、キラリと煌めく希望を感じ取っていただければとても嬉しいです。
会場で皆様とお目にかかれることを楽しみにしています。
松井山手と八幡市男山でお教室を開いています。会期中は毎日、「パッチワーク体験コーナー」を開催しています。

―プロフィール―
パッチワークキルトスクール「ハーツ&ハンズ」のパートナーを経て、現在は小関鈴子先生に師事しています。
京田辺市大住ヶ丘にてパッチワーク教室を始めて以来、東京、山梨を経て、2009年から再び京都に在住し、
松井山手と八幡市男山で「アトリエ ラ・ラピン」のお教室を開きながら、「明るく、きれいで、おしゃれな配色とデザイン」をコンセプトにベッドカバーから小物までパッチワークキルトの制作活動を行い現在に至っています。
原恭子


[期間] 11月14日(金)~11月19日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月19日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

11月の展覧会 11月7日~11月12日

11月に開催される展覧会のご案内です。

【第1展示室】
第2回 書塾遊貴の会 社中展(書道)
















遊貴の会社中展をふたたび開催することができまして、喜びにたえません。
これも社中のかた、また周囲のかたがたのご理解とご協力のおかげと感謝しております。
私たち遊貴の会では、書の基本である古筆を学びつつ、それぞれの持つ個性の発揮につとめております。
今回の書展では、字に備わる意味を考えて、各人が作品つくりをいたしました。好きな字、好きな言葉を選び、
思い思いの表現をしております。どうぞ時間の許す限り、書の空間をお楽しみください。


【第2展示室】
大翔会関西展(油彩・水彩・水墨画)
















当大翔会は教室をもたない趣味の同好会です。勉強会として、一緒に写生もしておりますが、
主流は各自が自宅で描いた絵を集め、年2回の展覧会を催して活動しております。
枚方市在住の会員が多いため、結果として市民ギャラリーがメインの活動舞台となっております。
会の絵は写実的な作風が主流です。絵の種類も油絵・水彩・日本画と各人の個性を反映して多彩です。
教室系の展覧会とは違い、個性全開でバラエティーに富んでおります。御来場いただき御批評ください。
また、グループに属さず絵を描いている方は当会にご参加ください。

[期間] 11月7日(金)~11月12日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月12日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

11月の展覧会 10月31日~11月5日

11月に開催される展覧会のご案内です。

【第1展示室】
長谷川貞信画塾 第37回萌黄会日本画展(日本画)
















紅葉の美しい季節を迎えました。この度、日本美術院特待、有秋会代表であられる
五世長谷川貞信(笑子)先生のもと、制作に励んで参りました。
心を寄せる身の廻りの自然や身近な人々を、絵で表現する事の楽しさと難しさと感じながら
この一年間に描いた作品です。皆様の御来場、御高覧をいただければ幸いです。


【第2展示室】
MOA美術館枚方交野児童作品展 2014(水彩画・書)

写真:昨年25回目の様子(くずはアートギャラリィ工事中のため、門真市ルミエールホールにて)

MOA美術館(公益財団法人:岡田茂吉美術文化財団)の創始者である岡田茂吉師は
「真善美」を理想社会構築の基盤とし、特に「美」の普及に意を注ぎ、美術・文化活動を奨励しました。
美術館活動の中で、特に日頃子どもたちが取り組んでいる創作活動を奨励することで
「生命を尊ぶ心」「心豊かな人間」形成を目的に、各地でボランティアによって運営され、
昨年の応募総数は45万点を超えるまでになりました。

[期間] 10月31日(金)~11月5日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※11月5日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2014年10月24日金曜日

【全室】 第13回 日本画あゆみ会展

ただいま第1・第2展示室では【第13回 日本画あゆみ会展】を開催しています。


日本画あゆみ会は楠葉生涯学習センターで活動されており、今年で25年になる教室です。
講師である西川治先生は日本画だけでなく油絵、彫刻なども手掛けられており、
あゆみ会の作品からは、広くイメージされる日本画よりも描写や絵肌がしっかりとした印象を受けます。
















第1展示室では四季、人物などテーマごとにコーナーがもうけられています。

















上はモデルを招いての人物画。同じモチーフが並ぶことで、個々の絵の違いが感じとれます。



第2展示室からみた様子。明快ですっきりとした空気感によって、心地よい空間が作られています。
































出展されている方にうかがったところ、西川先生の指導ではデッサンはもちろん、全体の構図や、色彩を重ねることでいかに表現するか、など制作の基礎にあたる事柄をきちんと教わるとのこと。
シンプルかつ、芯の強さを感じさせる作品の元には、やはりそうしたベースがあるのですね。

日本画の新鮮な魅力が味わえる、見ごたえある展示になっています。
ぜひ、お誘い合わせのうえお越しください。

[期間] 10月24日(金)~10月29日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※10月29日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2014年10月17日金曜日

【第2展示室】尾﨑雅香・藤田瓊泉ふたり展


ただいま第2展示室では【尾﨑雅香・藤田瓊泉ふたり展】を開催しています。

今回お二人での展覧会は初めてということで、とても熱心に展示について準備をされてきた女性お二人の展覧会です。18年ほど書き溜めてこられた水墨画・墨彩画・短歌の作品が展示されています。


















上の写真はDMにも使われた作品2点です。
左は風景画が好きな藤田瓊泉(けいせん)さん、右は人物・花を描くのが好きな尾崎雅香(がこう)さん。
お二人の個性が伺えます。


















家族をモデルに描かれている画面からは楽しい思い出や明るい雰囲気が伝わってきます。
83歳の尾崎さんにとっての家族の肖像は、とても大切にされているテーマだそうです。
また、藤田さんの海外の風景をモチーフに描かれた画面からは、日本画とは違った墨彩画独特の落ち着いた表現で、薄曇りのなんともえいない重みのある空気が描かれています。
































こちらは尾崎さんが長年の趣味として続けて来られた短歌の掛軸や絵はがきなどの作品が並んでいます。

展示の最後には尾崎さん藤田さんのお二人の師である静想会塾頭、田中伸明先生の賛助出品してくださった作品がご覧いただけます。


本日17日にはオープニング演奏会も開催されます。
http://kuzuhaartgallery.blogspot.jp/2014/10/1017.html

ぜひくずはアートギャラリーへお越しくださいませ。


[期間] 10月17日(金)~10月22日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※10月22日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

【第1展示室】まきび倶楽部作品展 vol.5

ただいま第1展示室では【まきび倶楽部作品展 vol.5】を開催しています。

前回は2010年5月に「まきび倶楽部陶芸展 vol.4」を開催されていた
まきび倶楽部は、枚方市にあるマキノ美術研究所内で活動されています。
今回は、絵画教室のみなさんより水彩・油彩作品を中心に展示されています。

展示室正面には講師の藤野さち子さんの作品(下記写真・左)と
藤原稔さんの作品(右)が並んでいます。

藤野さんの、一見どうなっているのか不思議な立体作品は陶器で出来ているそうで、包まれているような、ほころんでいくような形に、思わずのぞきこんでしまいそうです。藤原さんの作品は近くで見ないと分かりませんが、鉛筆の濃淡で表現されています。壁にスクリーンがかけられたようにも見えますね。


















入口入って左側から水彩や油彩の鮮やかな色彩の作品が並んでいます。
毎週金曜日に好きな画材(水彩・油彩・デッサンなど)を選んで学ぶことが出来るそうで、
それぞれが好きなモチーフを持ち込み、自由に描いておられるそうです。



















最後には旅のスケッチを8年続けていらっしゃる佐井さんのコーナー。
出張先の風景を中心に描かれている風景は、生き生きとした表情を伝えてくれるようです。

















ぜひ、皆様お誘い合わせの上、くずはアートギャラリーへお越しくださいませ。

[期間] 10月17日(金)~10月22日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※10月22日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2014年10月15日水曜日

10月17日(金) オープニング演奏会「和の音色に包まれて」のお知らせ

10月17日(金)から第2展示室で開催される【尾崎雅香・藤田瓊泉ふたり展】にて、
オープニング演奏会「和の音色に包まれて」が催されます。

尺八と筝(こと)による美しい和の音色、そして会場内の墨絵や墨彩画、短歌とのハーモニーを
お楽しみください。























 出演者: 尺八:尾崎九郎(斗山)
         筝:前田順子
 ■会場:くずはアートギャラリー第2展示室【尾崎雅香・藤田瓊泉ふたり展】 会場内
 ■開催日:10月17日(金) 
 ■時間:午後2時30分~(※状況により多少前後する場合がございます。ご了承ください)
 ■予約・入場料:不要

2014年10月10日金曜日

全室 第八回 紅恕会書作展・遊ゆうくらぶ作品展

ただいま第1・第2展示室では【第八回 紅恕会書作展・遊ゆうくらぶ作品展】を開催しています。
“遊ゆうくらぶ”は、木彫・仏像彫刻の教室の神野壌康さんと、陶芸・書道の教室の神野日出子さんが、共同で開設しているクラブ名です。ちなみに、紅恕会は“佐々木紅雲”こと神野日出子さんの雅号から取られた、書道の会の総称でもあります。

































第1展示室には書と陶芸作品を展示しています。
書道教室ではお子様から高齢の方まで幅広い年齢層の生徒さんがおられ、みなさんそれぞれに思いのある文字を書かれているとのこと。優しい雰囲気の美しい文字が、ゆったりとした気持ちにさせてくれます。

陶芸作品はすべて手びねりで制作されています。理由をうかがうと、ろくろよりも作者の個性がより現れやすいからだそうです。土を手で積み上げる、釉薬をかける、最後に窯から出てくる瞬間までどうなるのかわからない…そんな陶芸ですが、花器や食器、かわいい小物、照明まで、欲しいものを作って楽しんでいる雰囲気が作品から伝わってくるようです。





















第2展示室には仏像をはじめ、机や家具・レリーフなど、木彫作品を展示しています。
木彫による仏像は、それぞれクスノキやヒノキを素材に制作されているそうです。
弥勒菩薩や七福神など、優しいお顔から勇ましいお顔、細やかな表現は思わず引き込まれてしまいそうになります。
また、細かい指先や衣装の動きなども丁寧に彫られており見どころです。


















また展示台には、木彫作品の他にも流木を使ったオブジェに花を添えてあり、
見る方に対する心遣いがほっこりとした気持ちにさせてくれます。
















ぜひ、皆様お誘い合わせの上、くずはアートギャラリーへお越しくださいませ。



こちらの展覧会は、ケーブルテレビの取材を受けました。10月13日(月)から放送予定です。
時間帯等、詳細は下記リンクよりご確認ください。
ケーブルテレビ:K-CATほっとニュース


[期間] 10月10日(金)~15日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※10月15日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2014年10月3日金曜日

【全室】第13回 Cutアート型染作品展

ただいま第1・第2展示室では【第13回 Cutアート型染作品展】を開催しています。

Cutアート型染とは?
入って正面に 入口正面に 分かりやすく説明が書かれています。





















布、紙、木、さらに今回は陶器の作品などジャンルは多岐にわたります。

















また枚方市の生涯学習市民センター(さだ・楠葉・菅原・津田・南部)やラポールひらかた、
京都、大阪、和歌山と様々な場所で教室が開催されており、
今回は教室ごとに展示コーナーが分かれています。
教室ごとに作品のテーマを決めていたり、自由に作っていたりと、
その辺は教室の生徒さんの意見を聞きながら決めるそうです。
































型染めは手が震えて絵が描けない方にも、染型があるので手軽に染められる上
染まり具合を見ながら染色出来るので、初めての方も失敗が少ないそうです。

少し慣れると染型を自分で作成し切り絵としての楽しみ方も出来、
どんどん作品の幅が広がるそうです。

お客さまの中には、「生徒さんに型染めで作ってもらったのよ」
洋服をお召しになられて来場される方も。

会場では、番号のついている作品についての人気投票も開催されておりますので、
ぜひお気に入りの作品を探しに来て下さいね。


















[期間] 10月3日(金)~8日(水)
[開館時間]10:00から19:00まで ※10月8日(水)は18:00終了
[入場料] 無料