2016年9月25日日曜日

10月の展示会一覧

10月の展示会スケジュール一覧です。
各詳細は、下記日程のリンクよりご確認いただけます。



・第1展示室  第10回 グループひまわり油彩画展(油彩)
・第2展示室  第19回 春彩会展(水彩・油彩・アクリル)


・全室  第14回 日本画あゆみ会展(日本画)


・第1展示室  2016・秋 Cutアート型染発表会/Cutアート型染協会(型染)
・第2展示室  第14回グループ・リズム作品展(水彩・油彩・パステル)


・第1展示室  MOA美術館枚方交野児童作品展(水彩・書)
・第2展示室  池田和子 個展(油彩・クレパス・アクリル)


ギャラリー開館時間 
■金曜日~火曜日・・・10:00から19:00まで
■水曜日・・・10:00から18:00まで 
■木曜日休館 
■入場料: 無料

10月の展示会 10月28日(金)~11月2日(水)

【第1展示室】MOA美術館枚方交野児童作品展(水彩・書)














上写真:昨年27回目(2015年11月8日)の様子。

MOA美術館(公益財団法人:岡田茂吉美術文化財団)の創始者である岡田茂吉師は
「真善美」を理想社会構築の基盤とし、特に「美」の普及に意を注ぎ、美術・文化活動を奨励しました。
美術館活動の中で、特に日頃子どもたちが取り組んでいる創作活動を奨励することで
「生命を尊ぶ心」「心豊かな人間」形成を目的に、各地でボランティアによって運営され、
昨年の応募総数は45万点を超えるまでになりました。


【第2展示室】池田和子 個展(油彩・クレパス・アクリル)

















この度くずはアートギャラリーで初個展を開催致します。
独立展入選作品130F100S100F50Fサイズの油彩アクリル、ミクストメディア6点、
全日本アートサロン大賞展入選作品20F数点とそれ以下のサイズで構成していく予定です。
人の心を明るく元気にしてくれる彩やかな色彩に魅力を感じ描いて来ました。
是非ご高覧いただきたくご案内申し上げます。



[期間] 10月28日(金)~11月2日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※112(水)は18:00終了
[入場料] 無料

10月の展示会 10月21日(金)~10月26日(水)

【第1展示室】2016・秋 Cutアート型染発表会/Cutアート型染協会(型染)














『Cutアート型染』は伝統工芸の「型友禅」の職人技を、手軽に幅広く楽しめるように考案された技法です。
手描き友禅とは異なり、図柄を彫った型紙を使用して摺り刷毛で、はじめは簡単なものから、
徐々に高度な作品まで完成出来るようになります。更に染色だけでなく、型の作り方も習得できます。
Tシャツ・暖簾・袋物・飾り団扇・ランプシェード等々・・・・・
世界に一つだけの自分のオリジナル作品との出会いが、何よりの魅力かもしれません。
多彩な作品を是非一度御高覧ください。


【第2展示室】第14回グループ・リズム作品展(水彩・油彩・パステル)
















昨年に続き第14回グループ・リズム展を開催する事が出来、会員一同喜んでいます。
会員は30名程で油絵・水彩画を学び楽しんでいます。講師は独立協会会員の高橋雅史先生です。
風景画・人物画・静物画等色々な分野に挑戦し、様々な技法も学んでいます。
絵を描く事はなかなか思うようにならない事もありますが、完成した時の喜びは大きいです。
美しいものに接したり考えたりする事はとても楽しく、仲間と制作に励んでいます。



[期間] 10月21日(金)~10月26日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※1026(水)は18:00終了
[入場料] 無料

10月の展示会 10月14日(金)~10月19日(水)

【全室】第14回 日本画あゆみ会展(日本画)

















楠葉生涯学習市民センターで、講師西川治先生の指導の下、月3回(火曜日午前中)おけいこを続けています。
27年目に入りました。
先生からは特に基礎デッサン、構築性に関しましては、厳しく指導されます。
1度「スケッチ会」があります。楽しみの1つです。以前のように青春キップを使って遠くへ行く事はなくなりましたが。
今回は、河内長野の延命寺・大阪市大正区・私市植物園・山田池・穂谷・奈良の般若寺・王仁公園・交野の傍示の里、等々での作品を出品致します。
人物画は今回はじめて男性の方にモデルになっていただきました。いろいろな静物画もお楽しみください。
モール街にいらっしゃいましたら、是非、会場にお立ち寄りください。
そして、いろいろなご感想・ご意見をお聞かせください。
教室へのご見学もお待ちしております。


[期間] 10月14日(金)~10月19日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月19(水)は18:00終了
[入場料] 無料


10月の展示会 10月7日(金)~10月12日(水)

【第1展示室】第10回 グループひまわり油彩画展(油彩)





















私たち油彩画教室グループ‘ひまわり’は京阪百貨店守口店にて‘やさしい油絵’教室の生徒として活動をしてます。
講師は羽田野清先生です。現在寝屋川市在住です(岡山から移住されました)
‘ひまわり’展は今回で10回目となりました(2年に一度の開催)
生徒のわがまま、気ままを包んで個性を引き出してくれる先生です。
興味のある方は一度教室へ見学にお越しください。


【第2展示室】第19回 春彩会展(水彩・油彩・アクリル)
















1年半ぶりに第19回目の春彩会展を開催することになりました。
安田先生のご指導のもと楽しく自由に伸び伸びと描くことをモットーとしており全員の創作意欲は旺盛です。
2回の教室は和気あいあいの中、一枚の絵を介して貴重なアドバイスがもらえるので
会員のレベルアップが進んでいると確信しています。
是非ご鑑賞くださり、率直なご批評をお聞かせいただければ嬉しく存じます。


[期間] 10月7日(金)~10月12日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※10月12(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2016年9月23日金曜日

【全室】 第19回 くずは写真クラブ写真展

ただいま第1、第2展示室では第19回 くずは写真クラブ写真展を開催しています。
今回もこの日を心待ちにされていたたくさんの方々でギャラリーは賑わっています。

一人につき3点ずつ出展された作品に共通のテーマは無く、
組写真もあれば1点ずつの写真もあります。
 
作品は全てデジカメにより撮影されています。
撮影した写真をその場で見ることが出来たり、枚数を気にせずに撮影出来たりと、
フィルム時代に比べて格段な便利さを得た反面、何かを失っているのではないかと
思われることもあるそうですが、想いを込めて写真を撮れば、
観る人にもその想いが伝わるという点はデジタルもアナログ(フィルム)も同じだと仰います。

今回は写真で創る絵画にチャレンジされた「写画 作品コーナー」もあります。
一人一点ずつ絵画風の写真を出展されています。
水彩画風、油彩画風、スケッチ風など様々な作品が並んでいて、
よく見ると撮影者のサインも入っていて、本物の絵画のようです。

デジカメに搭載されている機能を使いこなしていないのではないか?
という疑問が今回のチャレンジの発端になっています。
みなさんとても楽しんで「写画」に取り組まれたそうで、
写真の可能性を拡げるということに想いを込められていることが伝わってきます。
絵画を出来る限り正確に描く為に誕生した写真が、
今度は写真から絵画へと向かっていくという不思議な感覚を是非味わってみてください。
 

来年度は20周年記念展を開催される予定です。
そちらもどうぞご期待ください。


[期間]9月23日(金)~9月28日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月28日(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2016年9月16日金曜日

【第2展示室】 第35回 グループ彩イロドリ油彩画展

ただいま第2展示室では第35回 グループ彩イロドリ油彩画展を開催しています。
グループ彩(イロドリ)さんは、羽田野 清先生が指導されている油絵教室で
今回の展示会で35回目となります。

今回の展示は特にテーマは無く、新作だけでなく旧作も出展されていますが
未発表作品に限られています。
教室では「やりたい放題やる」「好きなことを描く」ということをモットーにされていて
それがグループ彩の大きな特徴だそうです。
今回の展示では人物、風景などさまざまな作品が展示されています。
お一人で3点まで出展出来るというルールがあり、作者毎に展示されている作品を観ていると
みなさんそれぞれがとても個性的な色づかいをされていることに気づきます。
それでも展示室の中では決してバラバラにはならずに統一感があります。
たとえば、ずっと水彩画を描いていた人が油彩を始めても一朝一夕には自分の色は出ず、
10回ぐらいは色を重ねなければ「いい色」にはならないそうです。
色を合わせれば合わせるほど良くなるのが油彩画の奥の深さであり、
「完成」した後も絵具、油を重ねることで作品づくりを続けられることも油彩画のおもしろさとのことです。
教室で絵を描いている時には、如何にして自分の色を出すかということにこだわり、
先生にアドバイスをもらっても結局は自分のやりたいようにやってしまうそうなのですが、
出来上がった作品を展示室に並べてみると、みなさんそれぞれの作品に羽田野先生のカラーが出ていて、
意識していなくても先生の影響を受け、DNAを感じるそうです。
やっぱり先生の存在は偉大なのですね。

みなさまお誘い合わせの上、是非お越しください。


[期間] 9月16日(金)~9月21日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月21(水)は18:00終了
[入場料] 無料


【第1展示室】プリザーブドフラワーの世界Ⅲ&のみみそ油彩展~10周年記念~

ただいま第1展示室ではプリザーブドフラワーの世界Ⅲ&のみみそ油彩展~10周年記念~」を開催しております。
















プリザーブドフラワーLes Halles(レ・アール)は松井山手で活動されている教室で、今年で10年目を迎えます。
プリザーブドフラワーとは、本物の植物に加工を施したもので、花や葉の姿をそのまま生かせることから、
記念日のプレゼントやインテリアとして人気があります。
当ギャラリーでの展示も3回目、ブライダルをイメージしたコーナーや、ハロウィンをテーマにした作品、
華やかなウェルカムボードなどプリザーブドフラワーの様々な楽しみ方を提案されています。
会場では、お祝いに届いた生花を作品と見間違えるお客さまもいらっしゃるとか。


















また、前回と同じく「研究画家 のみみそ」さんとのコラボ展となっており、
学業のかたわら制作された人の内面を写しとったような絵画作品や、オリジナルのちょっとブラックな
小物などを出展されています。
ポストカード、Tシャツなど、のみみそグッズはレ・アールのグッズと共に販売もされていますので、
興味のある方はぜひどうぞ。
















今回は以下のワークショップも企画されていますので、プリザーブドフラワーでの
小物作りなど、
気軽にご参加いただけます。
どうぞお誘い合わせの上、お越しください。


※期間中イベント <プリザーブドフラワー体験!
 開催日:918()19(月・祝) 
 時間:11:00/13:30/15:00
 参加費:各1500
 内容:ミニアレンジ体験(定員130名)
   プリザジュエリー体験(耳つぼマッサージ付)(定員120名)
    ※耳つぼマッサージは先着順に整理券をお渡しします。

プリザーブドフラワーLes Hallesのホームページ:http://k1110katano.wixsite.com/leshalles
のみみそさんのホームページ:http://nnnn12nonn31nnnn.wix.com/nomimiso


[期間]9月16日(金)~9月21日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月21日(水)は18:00終了
[入場料] 無料


2016年9月9日金曜日

【全室】 エメラルドグリーンとともに50年 中西文彦個展

ただいま第1、第2展示室では「エメラルドグリーンとともに50年 中西文彦個展」を開催しています。
今回の個展は中西文彦さんの古希と、絵に出会って50年を記念した油彩画の個展となっています。

中西文彦さんは当ギャラリーでも何度か展示されている「スケッチサークル・モネ&ミレ― 」で
講師をされています。教室展の際は水彩で描かれた風景画を出展されており、
そちらでは清涼感のある草木のグリーンが印象的です。
そのイメージがあったので、作風も大きさも違う油彩画を目にして「本当に同じ人の作品?」っと、かなり驚きました。

個展のタイトルにもある「エメラルドグリーン」はヨーロッパを旅行された時に出会われた重要な色で、
油彩画作品に欠かせないものとなっています。
水彩、油彩で表現方法は違いますが、「グリーン」でイメージが繋がり「やっぱり同じ人の作品なんだ」と感じられ
妙に安心しました。

展示室には1960年代前半から最近の作品までが並んでおり、順番に観ていくと時代の
移り変わりとともに作者の興味の対象の変化を感じることが出来るでしょう。
雑誌のページを貼った上に絵を描いて、更に砂を使うなど工夫が凝らされた作品は、
様々な作風に挑み続けているからこそ表現出来るのではないでしょうか?
圧倒的な迫力とともに、緻密な作業工程も垣間見ることが出来る作品群を是非目の前でご覧下さい。

同時に、油彩画とはまた違った趣が感じられる陶芸、木彫、日記なども展示されています。
こちらは実際にお手に取ってご覧頂けます。


アーティストトークも開催されます。
みなさまお誘い合わせの上お越し下さい。

※アーティストトーク
日時:910() 1030
会場:くずはアートギャラリー展示室内
予約・参加費:不要

[期間] 9月9日(金)~9月14日(水)
[開館時間] 10:00から19:00まで ※9月14(水)は18:00終了
[入場料] 無料

2016年9月4日日曜日

【KAGI vol,128 2016.9】情報誌「kagi」9月号発行しました

情報誌「KAGI」の最新版、9月号がただいま配布中です。
10月からの展覧会スケジュールや、空き室情報などを掲載しております。

(公財)枚方市文化国際財団、枚方市内公共施設他、くずはアートギャラリー、
くずはモール駅側入口などにござますので、ぜひご覧ください。